よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

職場での嫌いな噂話を気にしない5つの方法とは?

「職場での噂話がストレス…」
「噂話が気になって仕事に集中できない…」

このように職場での噂話に悩まされている人の解決方法を紹介します!

噂話ばかりの職場で働いていると、「自分もどんな噂を流されるんだろう…?」と心配になってしまいますよね。

そのような職場では、人間関係が乱れやすくストレスの原因となってしまいます。

あなたも身に覚えのない噂話のせいで嫌な想いをした経験があるんじゃないでしょうか?

これ以上あなたが職場での立場を悪くされないためにも、噂話を気にしない方法をぜひ知っておいてください。

本記事を読むことで、噂話に振り回されず気楽に生き抜く術を身につけましょう!

 

噂話をする人の心理を攻略!

さまざまな人がいる職場で、

  • 他人の話ばかりする
  • 余計なことをよく口に出す
  • ひとの不幸話や悪評が好き

このように口が軽くてベラベラといつも噂話を喋っている人っていますよね。

他人の話にあまり興味のない人からすると、こういった心理は不思議でなりません。

しかし噂話の好きな人にも色々あって、以下で解説する心理を知っておくことで対策を練りやすくなりますよ。

 

タイプ①:良かれと思って

噂話といっても、必ずしも悪気があって広めるわけではありません。

むしろ、「良かれと思って」情報を拡散している人が多いです。

そういう人は世話好きで面倒見が良い反面、行き過ぎると他人との距離感がつかめず余計なお節介になってしまう場合もあるんです。

そのため、他人に伝える必要がない情報や、拡散すると誰かが不都合になる情報までも、自分の勝手な判断で「これは話しておくべきだ!」とつい喋ってしまうのです。

「大っぴらには言いづらいんだけど、あなたも知っておいた方がいいと思うから話すね」というような前フリから始める人っていますよね。

こういった人は本当に良かれと思って噂話をしているため、そもそも誰かの評判を下げているという自覚がありません。

むしろ他人のために「知らせておかなきゃ」という正義感のようなものさえ感じています。

噂話が好きなわけでもなく、何の悪気もないケースもあるんですね。

 

タイプ②:本能的な情報交換

噂話をする人が多いのは、じつは本能的な面もあるため仕方ないとも言えます。

人間の社会というのは他の動物と違って、「言葉による情報交換」をすることで繁栄してきました。

それは今でも続いていることで、情報をいかに入手するかが社会で生き抜くためには重要ですよね。

そういう歴史や現状があるので、人はどうにか多くの情報を得ようと、いろんな人たちと様々な話をして情報交換しようとするんです。

身の回りの情報を収集しておかないと、自分たちに迫る危険を察知できませんからね。

なので、職場でも「Aくん、上司に私たちの愚痴を言いまくっているらしいから、みんな気を付けよう」など、注意換気という名の噂話をする人がいます。

もちろん「嫌いな奴の話なんてしたくない」という人もいますが、「嫌な人の情報をみんなで共有したい」と思う人が多いのには、こういった心理があるからなんです。

 

タイプ③:敵対心のある相手を不利にしたい

ライバルがいると「アイツより実績を上げてドヤ顔してやる!」と好戦的な人がいる一方で、表向きな争いを好まないために水面下でライバルの足を引っ張ろうとする人もいます。

敵対心のある相手が目の前にいる時には「Bさん仕事できるから羨ましいな〜。自分なんて全然ダメで…」と言っておいて、

他の場所では「BさんってCくんに仕事を手伝わせているらしいよ。ちょっと顔がいいからって最低だよね」といった感じで、表と裏で評価が逆転するような噂話をする人っていますよね。

このようにライバルを不利な立場にすることで、自分が有利に立とうとする心理があるんですね。

事実に対して文句を言われるならまだしも、知らない所で悪意のある噂話の被害に遭ったらシャレになりません。

職場で陰口を言われないための5つの法則とは?

 

タイプ④:何でも知りたがり

噂話をする人の中には、話したがりだけでなく噂を聞きたがるタイプもいます。

いわゆる〈知りたがり〉と呼ばれる人です。

とにかくどんな情報でも仕入れておきたい、知らない情報があると仲間はずれにされた気がする、といった心理から噂話を聞き出そうとします。

何気ない会話をしているだけでも横から入ってきて「何の話をしてるの?」「さっき何て言ってたの?」などと聞いてくる人っていますよね。

根拠のない噂話であろうと、すべて知っておかないと気が済まないんです。

そして、知りたがりの人はその情報の豊富さを自慢するために、知らない人へ噂話を披露します。

自分がこの職場を一番理解しているんだ、というプライドがあるため厄介ですね。

 

タイプ⑤:コミュニケーションの一環

噂話をする人の中には、コミュニケーションの一環として単なる話題作りのためのネタだと考えている人がいます。

職場でのコミュニケーションは、お互いの信頼を深めたり業務内容の正確な伝達をするためにも重要です。

しかし必要以上にコミュニケーションを取りたがる人もいて、おしゃべりのネタとして噂話を持ち出します。

家族や友達同士なら何を話しても自由ですが、職場は趣味や私生活の送り方もバラバラの人が集まっているので、共通の話題というのはそう多くありません。

自分のプライベートが充実している人は自分の話もできますけど、そうでない人は他人の噂話に花を咲かせるしかないんでしょうね。

共通の噂話で盛り上がればコミュニケーションが深まったような錯覚をおぼえますが、実際には「口が軽い人だな…」と信頼を失っている場合もあります。

こういったケースでは、あくまで噂話をしている本人は仲良くなろうという心理なんです。

 

職場での噂話を気にしない5つの方法

噂話といっても面白いものから迷惑なものまで色々あります。

噂話そのものが悪だとは言いませんが、自分の噂を流されたらあまり良い気はしませんよね。

ましてや職場であなたが不利になるような情報を拡散されると、仕事がしづらくなったり人間関係が悪くなって居づらくなったりと最悪です。

  • 他人にあまり知られたくない情報
  • 身に覚えのない事実無根の作り話

そんな迷惑な噂話の被害に遭わないための対処法をこれから紹介します。

 

噂話に参加しない

あなた以外の誰かの噂話を聞かされても、参加しないようにしましょう。

噂話をする人というのは、自分の話にリアクションを取ってくれる相手に対してよく話題を振ってきます。

なので「Xさんのせいで商談が台無しになったんだよ」などと話を振られても、たとえ知っている情報や気になる情報だったとしても、一緒になって盛り上がったり興味を示したりしないでください。

「まぁ、そういう事もあるのかもしれませんね」というように肯定も否定もせずに軽く受け流し、その場を離れたり話題を変えてみましょう。

そうすることで、あなたに噂話をしても満足感を得られないため、気分の良くない話題を延々と聞かされる事も減りますよ。

また、参加したせいであなたまで噂話の情報源にされ、職場で悪者になってしまうリスクも減らすことができます。

上司や先輩に嫌われる人の特徴と職場で嫌われたくない時に実践すべき事

 

業務上で必要な質問以外には答えない

噂話をする人というのは、ネタを探すために普段から色んな情報を仕入れようとしています。

職場では仕事上どうしても答えなければいけない内容はもちろんありますが、不要な質問であれば答えないほうがネタにされる危険性を減らせます。

何気ない質問のように思えても、ねじ曲がった捉え方をされたり大げさに脚色して拡散されるかもしれません。

この質問には答える必要がないと感じたら、

「どうだったかな、覚えてないですね」
「べつに何事もなかったと思いますよ」

というふうに、とぼけて明言を避けるようにしましょう。

噂話が好きな人の中には、答えづらい質問を平気で聞いてくるような人もいます。

嫌だと内心で思いながらも仕方なく正直に答えてしまっていては、それこそネタのターゲットにされてしまいますよ。

とぼけてもしつこく失礼な質問をしてくるようであれば、キッパリと「それはちょっと失礼じゃないですか?」「そんな質問には答えられませんよ」と断ってもいいんです。

そうすることで、あなたに質問しても面白いネタは引き出せない、と諦めるようになります。

 

職場では個人的な話をしない

職場では基本的に、よほど信頼できる相手以外には個人的な話をしないのが無難です。

噂話をする人がいた場合、あなた本人や同僚を経由して聞き出したプライベートな情報までも、話のネタにされてしまう恐れがあります。

私生活の事なんてお前に関係ないだろ!と言いたくもなりますが、噂話をする人はプライバシーなんて配慮してくれないんです。

仕事とまったく関係ないはずのプライベートな内容のせいで職場に居づらくなるなんて、これほど不満に感じる事はないですよね。

なので、職場ではできるだけ個人的な話をしないようにしましょう。

 

噂話にリスクをつける

どれだけ気を付けていても、拡散しないでほしい情報を信用できない人に知られる事もあるでしょう。

話したくないけど話さざるを得ない状況もあるかと思います。

そういう時、「他の人には話さないでください」と頼んだところで効果は薄いです。

では、どうすれば噂話として広められるのを食い止められるのか?

それは、噂話をすることにリスクがあると思わせればいいんです。

たとえば「誰にも言わないでくださいよ。この話はYさんしか知らない事ですから、他の人が知ってたら分かりますからね」といった感じで、(この噂話をするのは自分にとって良くないな…)と思うように仕向けるのです。

そうすることで、ただ「話さないでください」と頼むだけよりも、噂話をされる確率は下がりますよ。

 

相談するなら口数が少ない人

仕事のことで誰かに相談したいけど大っぴらにはしたくない時ってありますよね。

そんな時、相談するなら〈口数が少なくて穏やかな人〉を選びましょう。

どうしても明るく積極的な人のほうが話しかけやすいので相談しがちですが、そういう人は口が軽いことも多く「良かれと思って」他の人たちにも話してしまうかもしれません。

「どうしたの?何かあったの?」などと聞いてくれたからといって安易に相談してしまうと、「〇〇くん、こんな事があったらしいよ」といつの間にか皆が知っていたという事態になりかねません。

それと比べて口数の少ない人にはなかなか声をかけづらいかもしれませんが、実は口数の少ない人は職場の全体をよく見ていて、相談をすると親身になって応じてくれる場合が多いです。

また、仕事中に必要な会話というものは意外と多くなく、口数の少ない人というのは単に不要な会話をしないので噂話をされるリスクも少ないんですね。

なので、相談をするならおしゃべりな人よりも口数の少ない人にしましょう。

 

職場の噂話が嫌いだと感じるのは、あなたに合った職場じゃないから

仕事をしに来ているだけなのに職場で噂話が多いとストレスがたまりますよね。

他人の噂話を聞かされるだけでもウンザリしますし、ましてや自分のことを陰でコソコソと噂されていると知った日には、職場に居づらくなるくらい最悪です。

噂話が多い職場に限界を感じたら、転職するのが最も確実な解決法になります。

ここまで噂話を気にしないを紹介してきましたが、必ずしもリスクを避けられるわけではありません。

また、すでに噂話の被害に遭っていたり、これから一度でも被害に遭えば職場に居づらくなります。

いつも誰かが自分のことを裏でコソコソと話しているんじゃないかと、気が気でなくなりますよね。

我慢をしていても、噂話は落ち着くどころか被害が拡大していくだけです。

もしあなたが、そういった人間関係でストレスや悩みを抱えているのなら、転職することでスッキリと解決できますよ。

転職というと全てゼロからのスタートになってしまう不安もあるかと思います。

しかし、あなたが今まで培ってきた経験や知識・スキルは失われません。人間関係だけが一旦リセットされるだけです。

人間関係が原因の転職は甘えじゃない!逃げてもいい6つのパターンとは?

 

あなたに合った職場を探したいなら

新しい環境で心機一転したいとは思っても、転職がうまくいくか心配でなかなか一歩を踏み出せませんよね。

そういう場合には、転職エージェントを利用することで不安を取り除くことができますよ。

すぐに退職する予定がなくても誰でも無料で利用できるため、「専門家のアドバイスを聞いてから決断したい!」「自分に合った職場を知りたい!」という気軽さで登録できるんです。

僕も人間関係の悩みが原因で転職を経験した一人ですが、転職サービスのおかげで今は
自分らしく仕事ができて、毎日を楽しく過ごせています。

おすすめは20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】 です。

大手のマイナビが20代のために徹底したサポートをしてくれるので、他にない安心感があります。

求人紹介だけでなく「適性診断」「面接対策」「企業とのやり取り代行」などもすべて無料で行ってくれるため、自分一人での転職活動よりずっと有利に進めることができますよ。

「すぐに辞めた人なんて雇ってもらえないんじゃ…」と思い込んでいる人もいますが、じつは新卒よりも第二新卒者を積極的に採用する企業というのは意外と多いんです。

たった1分の簡単な登録で、あなたの明日が変わります。

「また今度でいいか」とためらっていたら、このままずっと変わることはありません。

現状を変えたいなら、今できる一歩から踏み出しましょう!

▼▼あなたの居場所を見つけよう▼▼

20代・第二新卒・既卒の転職なら【マイナビジョブ20's】

 

噂話をしないあなたは転職先で信頼されます

噂話の悩みくらいで辞めたら、転職先でも人間関係で失敗するかも…

もし、あなたがそんな不安を感じているのだとしたら、それは大きな勘違いです。

あなたのように噂話が嫌いな人は、今の最低な職場に合っていないだけで、まともな転職先では信頼されるので安心してください。

もちろんこれは気休めではなく、以下のような根拠があります。

 

客観的で偏見のない性格

あなたのように噂話が嫌いな人というのは、「ただの噂を気にしたくない」「事実がわからない」といったように、物事を客観的に見ることのできる人です。

どこまで真実でどこから嘘なのか判断できないものに振り回されたくない、と感じるのでしょう。

噂をされている人に悪い偏見を持ったり嫌な態度を取るのって、気分良くないですもんね。

そのため、一人ひとりと正しく向き合おうとする姿勢が周囲から信頼されますよ。

 

噂話は必ず返ってくる

コミュニケーションのひとつとして噂話をし、仲を深めようとする人種は確かにいます。

そういう噂話好きな人が多い職場だと、あなたは疎外感を感じるかもしれません。

しかし、まともな職場であれば噂話が好きな人は周囲から嫌がられ、逆に悪い噂となって返ってくるケースもあります。

その点、あなたのように噂話をしない人はかえって悪い噂を返される心配もいりません。

 

噂話は無駄話

結局のところ噂話というものは仕事上、無駄話でしかありません。

噂話をする人は仕事中に無駄な話ばかりしているため、本当に必要な〈報告・連絡・相談〉を疎かにしがちです。

また、周囲からも「あの人の話は重要じゃない」と認識されてしまい、きちんと話を聞いてもらえません。

噂話が嫌いな人は無駄話をしない人でもあるため、余計な話題を挟まないので業務の伝達事項もスムーズにいきます。

 

嘘の情報に振り回されない

噂話をする人は、事実かどうかも確かめずに色々な情報を言いふらします。

すると当然、嘘の情報をみんなに伝えてしまうことも多くなり、それがバレると信用されなくなっていきます。

噂話が嫌いな人は嘘の情報を拡散したり振り回されたりしないので、周囲から「しっかりした人だ」と認識され信用されます。

職場にいる嘘つきの心理とは?嘘を見抜く方法と対処法を紹介!

 

正しい人を信じてあげられる

根も葉もない噂話のせいで、何もしていないのに悪者扱いを受ける人がいた時、きっとあなたは本当に正しい人を信じてあげられます。

噂話ばかりの人は周囲からも「もしかして自分も裏では噂されているかも」と疑われるものです。

しかし噂話が嫌いな人は疑われることもないため、お互いに信頼し合って味方が増えますよ。

 

まとめ

ひとまとめに噂話といっても、その心理はさまざまです。

良かれと思って情報を広める人もいれば、他人の評判を下げる性悪な人がいるのも事実。

何気ない一言や行動が、思いもしなかった噂話につながる事もあります。

  • 噂話をする人とはできるだけ関わらない
  • 簡単に信用してプライベートや相談の話をしない
  • 情報を拡散しないようキッパリと忠告する

こういった対策をしていれば、噂話を気にしない日々が送れるようになりますよ。

すでに噂話のせいで職場に居づらい人や、ストレスがたまってウンザリしている人は、人間関係が良好な職場への転職を考えてみてください。

噂話をしないあなたは、きっと転職先で多くの信頼を集めるはずです。

より良い条件の職場を探せば、陰でコソコソと変な噂話をしている人たちを見返すこともできますよ!

▼▼噂話とは無縁の職場に出会えるチャンスを逃さないために無料登録しておこう▼▼

20代・第二新卒・既卒の転職なら【マイナビジョブ20's】