よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

薬剤師が人間関係の悪い職場で辞めたい理由とは?「転職しただけで楽しくなった!」

笑顔の薬剤師2人

ようやく念願叶って薬剤師として勤務できるようになったけど、職場の人間関係が最悪なせいで仕事がまったく楽しくないんだが…。

今のあなたは、そんなことを感じていませんか?

「こんな職業やめとけば良かった」

「今までの努力は一体何だったんだろう」

僕も同じようなことを何度も思ったことがあります。

人生失敗したかも、とさえ考えてしまいますよね。

だけど僕は今の職場で楽しく仕事ができています。

その理由はとても簡単で、職場の人間関係が良ければ仕事は見違えるように楽しくなるからなんです。

きっと今のあなたは、夢の薬剤師として働きながらも以前の僕のように職場の人間関係で悩んでいるんじゃないでしょうか。

  • パワハラやイジメ、陰湿な嫌がらせ
  • 無責任な上司や先輩
  • 空気を読まない気分屋

社会にはさまざまな種類の人間がいて、自分と合わない相手と一緒に働くのは非常にストレスが溜まることです。

職場に行くのが嫌で不眠症になったり、朝から憂鬱で動けなくなったりする事もあるんじゃないでしょうか。

そんな状態だと、せっかく頑張って薬剤師になったのに地獄のような日々を過ごさなくてはいけませんよね。

しかし、それは薬剤師の仕事が楽しくないわけでも、あなたに仕事が合っていないわけでもありません。

人間関係の良い職場で働くことさえできれば、きっとあなたも薬剤師の仕事を楽しいと思えるはずですよ。

ここでは、薬剤師がより良い環境で働くための方法について解説していきます。

もう「働きたくない」なんて思いながら仕事へ行く生活から抜け出しましょう!

 

 

薬剤師の職場で人間関係が悪くなる理由って?

診断書と薬剤

人間関係が悪い職場というのは、それなりの理由があります。

まずはそれを知らないことには、なかなか避けることができません。

薬剤師の職場で人間関係が悪くなる理由を解説しますので、あなたの職場と比べてみてくださいね。

 

人手不足なのに業務が多い

最近よく聞く、人間関係が悪い職場の理由のひとつです。

高齢化やセルフメディケーションの推進により薬局やドラッグストアの業務が増えているにもかかわらず、近年は薬剤師の不足が続いています。

なので、人手不足のわりに仕事量が多すぎる、という状況が生まれます。

そうなると従業員のストレスが溜まるだけでなく、患者さんやお客さんとのトラブルも増えて職場内がギスギスしてくるんですね。

 

管理職の管理能力がない

職場の人間関係というのは個人間の問題だけではなく、管理職の管理能力に比例する傾向があります。

管理能力が高ければ人間関係は良好になりやすいですし、管理能力が低ければ人間関係は悪化しがちです。

店舗管理者やエリアマネージャー、管理薬剤師などで、「自分の仕事はできるけど指導や教育を含めた管理能力は無い」みたいな人っていますよね。

そのような人が管理している職場では、トラブルが起こりやすかったり責任の押し付け合いになったりして、人間関係が悪くなるケースが多いです。

 

トラブルメーカーがいる

どんなに仲の良い職場でも、たった1人トラブルメーカーが入り込むだけで全体の人間関係が悪化することがあります。

薬局やドラッグストア、病院などで求人を出すときは、普通の企業と違って〈薬剤師免許〉のように明確な条件がありますよね。

なので、近年の人手不足も重なって「資格さえあれば経歴や人格、能力などは見ずに採用してしまう」というケースが多くなりつつあります。

そのようなパターンで採用された薬剤師がトラブルメーカーだった場合、職場の雰囲気をめちゃくちゃにしてしまいます。

人間関係が悪くなると、まともな人の離職率が高くなって入れ替わりが激しくなり、そうなるとトラブルメーカーが入ってくる確率も上がって悪循環に陥る。

そんな場面を見てきた人も多いんじゃないでしょうか。

 

これらのように、薬剤師の職場で人間関係が悪くなる理由はいくつかあります。

あなたの職場も似たような環境になっていませんか?

人間関係でストレスが溜まると、せっかくの薬剤師の仕事もまったく楽しくないですよね。

しかしそれは、あなたが薬剤師に向かないわけでも、薬剤師の仕事がつまらないわけでもありません。

同じような内容の仕事でも、人間関係が良いだけで見違えるように楽しくなるんです。

実際に僕の知人の薬剤師さんが経験した、転職についての体験談を紹介しますね。

 

【体験談】人間関係の良い職場に転職しただけで薬剤師の仕事が楽しくなった!

仲良しクッキー

「薬剤師の仕事、自分には向いてないんじゃないかな」

もしそう思っているのなら、そう決め付けてしまうのは早すぎますよ。

実際に、僕の知り合いであるSさんは転職を経験して初めて薬剤師の仕事が楽しいと感じたそうです。

Sさんに体験談を語っていただいたので、ここに紹介させてもらいます。

私が調剤薬局で働いていた新人の頃、ものすごく威圧的な怖い先輩がいて、毎日その先輩と顔を合わせることを考えるだけで胃が痛くなるほどでした。

先輩が休みの日には落ち着いて問題なく出来ていた業務も、先輩の目があると緊張のあまりミスを連発してしまうような状態だったのです。

毎日をどうやってやり過ごすかばかりに意識がいき、とても薬剤師としての仕事の「楽しさ」や「やりがい」なんて考える余地もありませんでした。

新社会人はとにかく最低3年は我慢して同じ職場で働かないといけない、という世間のイメージもあって、転職という選択肢は思いつきませんでした。

しかし、2年が経った頃、私は限界を感じました。

薬局という職場はなかなか新人が入ってきて後輩ができるものでもなく、私はずっと怖い先輩に目をつけられたまま。

仕事ぶりを否定され続け、私は「薬剤師に向いてないのかも」「これ以上は耐えられない」と思ったんです。

だけど、せっかく昔から憧れていた薬剤師になれたのだからもう一度だけ違う職場でチャレンジしたいと考え、転職を決意しました。

これによって私の人生がガラリと反転します。

転職先のドラッグストアはとても良好な人間関係で、威圧的な態度やキツイ言葉をかけてくるような人はいませんでした。

いつの間にか、私は「薬剤師になって良かった」と仕事にやりがいを感じるようになっていました。

人間関係の良い職場に転職するだけで、これほどまでに薬剤師の仕事が楽しくなるとは想像もしていませんでしたね。

誰かの視線を気にして仕事に集中できなかったり、職場へ行くことを考えるだけで眠れなくなるような事は、もうありません。

「私の居場所はここだったんだ。今の私が本当の自分なんだ」

同じ薬剤師として働いているのに、人間関係の良い職場へ転職をしたというだけで、こう思えるようになるんです。

薬剤師の仕事は、意外と閉鎖的です。自分のいる職場だけでなく、他の職場にも目を向けてみることがどれだけ大切なのかを、今は身にしみて感じています。

 

このように「仕事へ行きたくない」「この仕事は自分に向いてない」と考える原因はほとんどの場合、仕事内容そのものではなく人間関係のせいであることが多いんです。

誰だって毎日のように否定され続けたら、自分にはできないんだと思い込んでしまいますよね。

どうしても合わない人がいてストレスが溜まると職場へ行きたくなくなりますし、そうなると今度はその仕事自体が嫌になってしまうものです。

なので、もし今あなたが「人間関係のせいで薬剤師の仕事が嫌になってきた」と感じているのなら、すぐにでも転職して人間関係の良好な職場を探しましょう。

そこが、本当のあなたの居場所です。

 

薬剤師専門の転職サイトなら、人間関係など条件の良い職場が見つかる!

パソコンをもつぬいぐるみ

転職活動をするとき、薬局やドラッグストアなどで薬剤師の求人を見て問い合わせするよりも、転職サイトを利用して求人情報を集めるほうが有利だというのをご存知ですか?

昨今では薬剤師の人手不足が深刻化しているので、店頭やホームページ、チラシなどで求人を目にすることは多いかと思います。

ところが実は、そこには大きな落とし穴があって、下手をすると不利な転職しかできず損をしてしまうかもしれないんです。

  • 人間関係の良いところで働きたい
  • 給料や待遇の交渉をしたい
  • 休日や残業などの聞きにくい事もあらかじめ知っておきたい

もし、このような希望があるのなら、薬剤師のための転職サイトを利用することで後悔しない転職ができます。

とはいえ利用したことのない人にとっては不安な点もあると思いますので、実際に転職サイトがどのような理由で便利なのかを分かりやすく解説しておきますね。

 

人間関係などの職場環境を判断できる

転職サイトを利用すれば、普通は働いてからじゃないと知ることのないような情報まで詳しく聞くことができるため、そこから人間関係などの職場環境について判断できます。

転職サイトでは、あなたにコンサルタントがついてくれるので様々な情報を教えてもらえるんです。

たとえば事前に、離職率が高くて薬剤師の勤続年数が短い職場だということが分かれば「ここは人間関係に問題があったり、薬剤師にとって何かしら働きにくい環境なのかも」と判断できますよね。

表向きには「勤務時間8時間・給与○○万円・賞与年2回」という内容で募集していても、実情は「毎日サービス残業・昇給ほぼ無し・賞与は寸志程度」なんていうブラック環境かもしれないわけです。

こういった情報は、転職活動するうえで重要な情報であるにもかかわらず、自力で収集するのは難しいですよね?

転職サイトであれば、コンサルタントがあなたの代わりにしっかりと情報を集めて教えてくれます。

後悔しない転職をするためには欠かせない点ですね。

 

給料の交渉ができる

給料は最低でも○○万円は欲しい…。という希望は誰にだってあると思います。

でも、仕事を決めるうえで最も大事なはずの給料の交渉って、なかなか自分ではやりづらいものです。

「もっと給料を上げてほしいなんて言ったら印象が悪くなって採用してもらえないかも」という心配もありますよね。

転職サイトならコンサルタントがあなたの代わりに給料の交渉をしてくれます。

だから「僕はこういった経歴があって、今の薬局では○○万円もらってるので、もう少し給料を上げてほしいのですが…」といった直接あなた自身で言いにくい交渉をしなくて良いんです。

たとえ人間関係に悩んで転職するとしても、これまで積み重ねてきた経験を考慮されずに低すぎる給料で働かされるのは嫌ですもんね。

なので転職サイトの力をフル活用して、しっかりとあなたに見合った給料の交渉をしてもらいましょう。

 

休日や残業などの待遇についても聞くことができる

転職サイトでは給料のこと以外でも、休日や休憩、残業や有給休暇などについても詳しく聞くことができます。

特に「残業をどれくらいしているのか?」「有給休暇は消化できるのか?」という問題は、気になるけど自分から尋ねるのは気が引けますよね。

薬局やドラッグストアではサービス残業が当たり前になっている職場なども少なくありませんし、それを前提として話されるとなかなか切り出せません。

そういった場合でも転職サイトのコンサルタントが代わりに質問したり交渉もやってくれるため、あなたが余計な心配や労力をかける必要がなくなるんです。

「不満はあるけど交渉する勇気もないし仕方ないか…」と妥協して相手に言われるがままの条件で雇われる、というような損な転職はやめましょう。

 

おすすめの転職サイトは?

「薬剤師が転職サイトを利用するメリットは分かったけど、いろいろある転職サイトのなかで結局どれに登録すればいいの?」

そんな疑問を解決するために、僕がおすすめする転職サイトを3つ紹介します。

どれも便利ですが、特色が違うので比較しながらあなたに合ったものを選んでくださいね。

もちろん複数の転職サイトを利用するのもOKですから、自分では合っているものが分からなかったり、より多くの求人情報から最適なものを選びたい人は3つとも登録することをオススメします。

 

☆1位【ファルマスタッフ】

調剤薬局チェーンとして有名な〈日本調剤〉の子会社であるメディカルリソースが運営している、薬剤師向け転職サイトの最大手です。

日本調剤ということで、後述するマイナビやリクナビのような転職サイトよりも薬局などの内部事情に詳しいスタッフが担当してくれる可能性が高いんですね。

調剤薬局や病院の求人数が特に豊富で、スキルを磨いて年収アップも目指せます。

最大手の安心感と業界トップの求人取扱数で、薬剤師ならとりあえず【ファルマスタッフ】に登録しておいて間違いないでしょう。

 

☆2位【マイナビ薬剤師】

就活情報サイトとして誰もが聞いたことのある〈マイナビ〉グループが運営している薬剤師向けの転職サイトです。

ファルマスタッフと違って、もともと一般人材の就活サイトを運営してきているため、求人紹介のノウハウがしっかりと確立されている強みがあります。

面談で細かい要望や相談など、コンサルタントがよく話を聞いてくれたり親身になって対応してくれるということで、利用者満足度は業界No.1です。

ドラッグストアの求人数が特に豊富になっています。

求人件数もかなり多く、慣れない就活に不安を抱えている薬剤師さんは【マイナビ薬剤師】の登録から始めてみると良いでしょう。

 

☆3位【リクナビ薬剤師】

マイナビと並んで一般企業の就活情報サイトとして有名な〈リクルート〉グループが運営する薬剤師の転職サイトです。

ファルマスタッフやマイナビ薬剤師と比べると、正直なところ求人件数は少ないです。

しかし【リクナビ薬剤師】にも特有の強みがあって、それが「大手企業の求人紹介に特化している」という点です。

広く網羅しているマイナビと違って、有名大手に力を入れているため、大手企業への転職を目指すならばリクナビがおすすめです。

その代わりに、地方や小規模の薬局・ドラッグストアなどの求人数は少なめになっています。

 

 

薬剤師の転職サイトでよくある質問と回答

ここまで、薬剤師の転職サイトを利用すれば損しない転職ができると紹介してきました。

しかし今まで転職サイトを利用したことのない人にとっては、まだまだ分からないことが多々あって不安かと思います。

これから薬剤師が転職サイトを利用するにあたって、よくある質問に回答していきますので参考にしてくださいね。

 

Q1.退職の予定が無くても登録できますか?

今の職場を退職していなくても、またその予定が無くても、薬剤師の転職サイトに登録して構いません。

むしろ転職活動を退職後に始めるのはオススメしません。

退職が決まってから次の職場を探し始めると、

「採用されなかったらどうしよう?」

「良い転職先が見つからなかったら?」

「早く次の職場を決めないとお金が…」

といったように、不安や焦りによって正しい判断ができなくなる事もあります。

そうして慌てて転職してしまうと、希望とまったく違うような条件の悪い職場に当たる確率も上がるでしょう。

せっかく今の職場が嫌で退職するのですから、次は失敗のないように転職したいですよね。

転職サイトは、退職していなくても働きながら利用することができるので、落ち着いて転職活動ができますよ。

 

Q2.紹介された求人を断ることはできますか?

薬剤師の転職サイトは、登録したからといって絶対に転職しなければならないものではありません。

紹介された薬局やドラッグストアなどの求人が希望と違えば断っても何も問題ありません。

もし「他の職場の条件を見てみたら今の職場のままでいいかも」と思ったら、転職そのものを中止してしまってもいいんです。

だから「今より環境の良い職場が見つかれば転職を考えようかな」くらいの気軽さで登録できますよ。

気になる薬局やドラッグストアなどが無ければ放置していて構いませんし、あなたの希望に合った職場があったら転職すれば良いのです。

なので、今の職場であなたが人間関係に悩んでいるのなら、とりあえず登録してみてはどうでしょうか?

転職サイトに登録してさまざまな求人情報を見るだけでも、「働ける場所は他にもたくさんあるんだ」ということが分かって心がスッと軽くなります。

「もう無理だと思ったらいつでも退職できる」という状況を作っておくことで、職場での人間関係によるストレスが軽減されるんです。

たった一人で悩みを抱え込むくらいなら、気軽に登録だけして様子見するほうが精神衛生上も良いに決まってますよね。

 

Q3.複数の転職サイトに登録できますか?
  • 他の転職サイトをすでに利用している。
  • 希望の職場が見つからなかったら他の転職サイトも利用したい。
  • いくつかの転職サイトに登録して、多くの求人情報を知りたい。

このような人でも登録することに何の問題もありません。

それぞれの転職サイトごとに掲載されている薬局やドラッグストアなどが違うため、紹介してもらえる職場も違ってきます。

なので、むしろ複数の転職サイトを利用するほうが、より多くの求人情報の中からあなたの希望にピッタリの職場を選ぶことができるんです。

 

Q4.無理な勧誘や迷惑メールはありませんか?

紹介された求人を断ることができても、何度も勧誘の電話がかかってきたりメールで転職を催促されたりしたら迷惑ですよね。

でも【マイナビ薬剤師】や【ファルマスタッフ】などのような大手の転職サイトでは、無理な勧誘や迷惑メールなどの心配はいりません。

転職サイトというのは、提携企業と利用者からの信頼性があって初めて成立するものです。

無理な勧誘や迷惑メールなどがあれば、ネットやSNSで悪評が広がり、すぐに信頼を失ってしまいます。

そのため、転職サイトのスタッフはきちんと徹底した教育をされており、とても親身なコンサルタントが対応してくれるんです。

もちろん登録した内容も個人情報保護法に則って適切に扱われますから、悪用されたり流出される事もありませんよ。

 

Q5.登録料や利用料金はかかりますか?

ここで紹介している転職サイトは、登録・利用するにあたって、あなたが料金を支払うことは一切ありません。

薬剤師の転職サイトは、薬局やドラッグストアなどの求人情報を掲載する企業からの紹介料で運営されています。

そのため、利用者のあなたに登録料や利用料金といった金銭の請求が来ることは無いので安心してください。

 

職場の人間関係で悩んだら、薬剤師の転職サイトで「失敗しない転職」を!

眼鏡をはずした会社員

人間関係のいい職場で働く。たったそれだけで薬剤師の仕事にやりがいや楽しさを見出せるようになります。

もし人間関係であなたが悩み、転職を少しでも考えるのなら、薬剤師の転職サイトで「失敗しない転職」を目指してください。

  • 人間関係の良い職場でのびのび働きたい
  • 転職によって給料が下がったり休日が減ったりなど、待遇面で損したくない
  • 自分では判断が難しかったり質問しづらい内容を、転職のプロであるコンサルタントに任せたい

このような希望がある人は、自分だけの力で転職活動するのは限界があるので、損をしないためには転職サイトが助けとなってくれます。

登録したからといって料金はかかりませんし、「やっぱりこのままでいいや」と思ったら転職しなくてもいいんです。

だから今の職場に不満があるのなら、「他の職場がどんな感じか見てみようかな」という軽い気持ちで登録できます。

いざという時にすばやく有利な転職ができるよう、今のうちに転職サイトに登録だけでもしておきましょう!