よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

仕事で細かい指摘をしてくる上司や先輩が超うざい時の対処法は?

細かい指摘がうざい男性会社員

仕事中ちょっとした事でもいちいち指摘してくる上司や先輩っていますよね。

大きなミスをして注意されるのは仕方ないと割り切れます。

しかし何気ない会話で言葉の間違いを指摘されたり、誰の迷惑にもならないような細かいところまで指摘されるとイラッとしちゃいますよね。

そのような上司や先輩が職場にいると、「また何か指摘されるんじゃないか?」といつもヒヤヒヤして仕事も気が気でなくなります。

本記事では、仕事中いちいち指摘してくる人の心理を解説し、職場で細かい指摘をされないための対処法を紹介します。

もう超うざい指摘にイライラしてストレスをためる生活から抜け出しましょう!

また、パワハラまがいの指摘に耐えられず、どうしても今の職場の人間関係に我慢できない人のために100%解決できる手段も最後に用意してます。

 

 

仕事で細かい指摘をしてくる上司や先輩の心理とは?

上から目線で指摘してくる男性社員

どうして仕事上で必要でもない細かいところまで、いちいち指摘してくるのでしょうか?

その心理を知っておくことで、対策しやすくなりますよ!

 

実は臆病で小心者

いちいち細かい指摘をしてくる上司や先輩というのは、実は小心者であるケースが多いです。

パワハラというのは、職場の中でもそれなりに権力のある人物が行うことがほとんどなので、小心者だなんて信じられないかもしれません。

しかし、表面上は横柄で気が強いように見えていても、その心理は不安を抱えた臆病な人間なんです。

そんな不安をごまかすために、他人の細かい事までいちいち指摘して「自分は優秀な人間なのだ」と思い込もうとしているんですね。

 

他人の評価を落とそうとしている

うざい上司や先輩は、いちいち細かい指摘をすることで他人の評価を落とそうとする心理が働いています。

いわゆる「出る杭は打たれる」というやつです。

なぜそんな事をするのか?

それは、仕事のできる見込みがある人物や職場で評価の高い人物を抑え込むことで、自分の地位を守ろうとしているためです。

自分に自信があれば努力をして地位を守ったり、さらに上を目指すでしょう。

しかし細かい上司や先輩は内心では臆病な小心者なので、そこまで必要ないような些細な点までいちいち指摘して抑え込むことでしか、自分の地位を守ることができないんです。

関連記事⇒嫉妬深い男性の特徴は?職場で男の嫉妬をかわす方法 - よわログ!

 

優越感に浸ってプライドを保ちたい

いちいち細かい指摘をしてくる上司や先輩は、常に自分の立場を気にしているため、心理的に誰より上に立っていないと気が済みません。

指摘している姿を周囲に見せつけることによって「自分は偉い存在なんだ」とアピールし、優越感に浸ることでプライドを保とうと必死です。

実際には偉いどころか、うざいと思われるだけなんですけどね。

プライドの高い人というのは本当に面倒な存在で、上から目線で周囲に接するため職場の空気を悪くします。

関連記事⇒上から目線のプライド高い男と仕事でうまく付き合う5つの方法 - よわログ!

 

うざい上司や先輩に細かい指摘をされないための対処法

いいねをする男性

いちいち細かい指摘をしてくる上司の心理について理解したら、しっかりと対策していきましょう。

ここからは、うざいパワハラ上司に余計な指摘をされないための対処法を紹介します。

 

まずは客観的に見る

うざい指摘に対して冷静に対処するためにも、まずは客観的に相手を見るようにしましょう。

先ほど解説したように、いちいち細かい上司や先輩というのは、

  • 実は臆病で小心者
  • 他人の評価を落とそうとしている
  • 優越感に浸ってプライドを保ちたい

こういった心理が働いています。

「ちっぽけなプライドを守るため、くだらない心理によって他人を必死に攻撃しているだけなんだ」と知っておけば、冷めた目で相手を見ることができます。

それだけでもカッとならずイライラが軽減しますよ。

 

正しい事は素直に聞いて、他はスルー

細かい上司や先輩とはいえ、正しい事を言う時もあります。

うざい言い方や態度でも、内容が正しければ素直に聞いておきましょう。

もしあなたが細かい指摘を受けて感情的になっているのだとしたら、たとえタメになる教えがあったとしても反発して聞き逃しているかもしれません。

嫌な相手から仕事を学ぶのは不満もあるかもしれませんが、そこは割り切って考えないとせっかくの成長のチャンスを失ってしまいます。

そして成長しないものだから、相手も「何度も言わないと分からない奴だ」と思って、いちいち細かい部分まで指摘してくる悪循環におちいってしまうんです。

その代わり、指摘の内容がどうでもいい事だったり理不尽な内容だった場合は、右から左へと聞き流してしまって大丈夫です。

たしかに上司や先輩からパワハラまがいの威圧的な言葉遣いをされるとイラっとします。

しかし、所詮それは「言い方」の問題であって、内容とは別物です。

何か言われたら、「言い方」は機械的なものだと受け取って、その内容だけを抜粋するようにしましょう。

 

表面上だけでも感謝する

細かい指摘をしてきた時、怒りを抑えて表面上だけでも感謝してみせるのも良い対処法です。

いちいちうざい人の心理は臆病で小心者なので、攻撃的な指摘に対して「なるほど、教えていただいてありがとうございます」など感謝の気持ちを伝えてみせましょう。

そうすると、自分の立場を認められたという安心感が生まれ、あなたに対する敵意がやわらぎます。

プライドが保たれることによって、それまでパワハラのような態度を取っていた上司や先輩もだんだんと柔らかい口調になってきますよ。

逆に、あなたが指摘されたからといって反発して上司のミスなどを指摘し返すのは絶対にやめたほうが無難です。

たとえあなたが正しくても、プライドを傷つけることでより一層みんなに対して

「僕は敵じゃないですよ」と認識させることが大事なんですね。

関連記事⇒職場で好かれる男性の特徴 誰からも好かれる人になるには? - よわログ!

 

仕事で必要な会話以外しない

上司や先輩にいちいち細かい指摘をされないためには、仕事で必要な会話以外は関わらないようにするのも大事です。

業務上どうしても報告・連絡・相談などはしなくてはいけません。

しかし、必要以上の会話をすれば相手にツッコミどころを与えてしまう機会も増えてしまいます。

特にプライベートな内容でうざい指摘などをされたら「なんでコイツにそんな事を言われなきゃいけないんだ!?」とストレスがたまりますよね。 

機嫌をとるために余計な会話をしてしまいがちですが、適度な距離を保つほうが良いでしょう。

 

仕事で上司や先輩の細かい指摘に耐えつづける必要はありません!

ガッツポーズの男性社員

「そこまで言わなくてもいいのに…」といった事までいちいち指摘されると、だんだん自分の価値を見失ってしまいますよね。

でも、それは決してあなたがダメだから指摘されているわけじゃありません。

上司や先輩が小心者で、自分の地位やプライドを守るためにあなたを責めているだけなんです。

そんなパワハラ上司が当たり前のように仕事している職場にしがみつくあるでしょうか?

人間関係の悩みでどうにもならない時は、転職を考えるのが最善の方法です。

転職というと「全てゼロからのスタートになってしまうのでは?」と不安もあるかと思います。

しかし、あなたが今まで培ってきた経験や知識・スキルは失われません。人間関係だけが一旦リセットされるだけです。

また、難しいと思われがちな転職活動も【リクナビNEXT】を利用するだけで、あなたにピッタリな職場に出会える確率がグッと上がりますよ。

リクナビNEXTは転職サイト業界最大手なだけあって求人件数がトップクラスなので、給料・休日・人間関係など、あなたの希望にピッタリの職場を見つけることができます。

国内で最も有名なリクルートグループが運営しており実績もあって安心ですから、初めて転職サイトを利用する人には一番おすすめです。

もちろん登録も利用もすべて無料です。

また、リクナビNEXTに登録したからといって、必ずしも転職をしなくていいんです。

なので今の職場で働きながら色んな求人を見て、もし良さそうな求人があれば転職する。といった気軽さで利用できます。

『備えあれば憂いなし』と言うように、チャンスを逃さないためには一刻も早い行動が大切です。

あなたも、いざという時が来たらいつでも転職を実行できるよう、リクナビNEXTに登録しておきましょう!

 

 

最後に

いちいち細かい指摘をしてくる上司というのは、

  • 実は臆病で小心者
  • 他人の評価を落として自分の地位を守りたい
  • まわりを威圧して優越感に浸り、プライドを保ちたい

こういった心理でパワハラをしてくる本当にうざい存在です。

仕事で必要ない部分はできるだけ会話を避け、客観的に相手を見て上手にスルーしましょう。

それでもストレスが溜まって我慢できないのなら、新しく人間関係の良い職場を探すほうが手っ取り早いですよ。