よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

嫉妬深い男性の特徴は?職場で男の嫉妬をかわす方法

悔しがって頭をかかえる男性

男のくせに嫉妬をする人って、めんどくさいですよね。

とくに職場で嫉妬する男がいると、人間関係のトラブルが起こりやすくなって最悪です。

こちらが普通に仕事をしているだけでも、勝手に敵対心を持たれて面倒に巻き込まれるケースも多々あります。

あなたも職場で男の嫉妬による被害に遭わないようにしたくありませんか?

本記事では、職場で嫉妬する男の心理や特徴をわかりやすく解説し、無駄な労力でストレスを溜めない方法を紹介しています。

また、すでに人間関係のトラブルに巻き込まれて逃げ場のない悩みを抱えている人のために、安全な逃げ道を確保する方法も紹介しているので参考にしてくださいね。

関連記事⇒

 

 

男が嫉妬する瞬間はどんな時?

わからないジェスチャーをする白人女性

職場にもかかわらず嫉妬心をむき出しにする男は、一体どういう心理なのでしょうか?

恋愛で嫉妬するのは女性側のイメージが強いですが、恋愛以外で仕事に関する嫉妬が多いのは、じつは男性なんです。

どのような時に男の嫉妬が生まれるのか解説していきます。

 

劣等感を抱いた時

男というものは多かれ少なかれプライドがある生き物です。

優れた人を見ると、自分と比べて劣等感を抱いて嫉妬せずにはいられないんです。

  • 自分より仕事ができる
  • 自分より職場内で人気がある
  • 自分よりいい車に乗っている

理由は色々あるでしょうが、このように自分と比較して優れた部分のある相手に対して嫉妬心を抱きます。

特に、自分よりも劣っていると思っていた相手に負けたと感じた時には激しい憤りを感じるんです。

尊敬している人には、羨ましいとは思っても妬むことは少ないものです。

自分と同等もしくは見下していたはずの人物に優れた点を発見した瞬間に、男性の嫉妬は生まれます。

 

自分が持っているものを取られた時

男性は自分の持っているものを取られた瞬間、嫉妬が生まれます。

恋愛で恋人を取られて嫉妬するのは当然ですが、仕事に関しても同じようなことが起こるんです。

たとえば今まで努力して成果を積み重ね、職場での評価を得てきたとします。

そんな時に、異動してきた人や新しく入社してきた人がとても優秀で、いきなり高い評判を獲得したとしたら?

「次に昇進するのは自分だと思っていたけど、その地位を奪われるかもしれない」

「自分がやるはずだった仕事を横取りされた」

「職場での信頼や人気を取られた」

このように男性は、自分が持っていたはずのものを取られた時に、支配欲やプライドが傷つけられて嫉妬を感じるんです。

 

職場で嫉妬深い男を見分ける特徴とは?

絶句する男性サラリーマン

女性の嫉妬はかわいい部分もありますが、男の嫉妬は見苦しいと昔から言われています。

そのため男性は自分が嫉妬していることを表面上は隠そうとします。

職場で嫉妬深い男のターゲットになりトラブルに巻き込まれないためには、特徴を学んで見分ける必要があります。

いくつかのポイントを解説するので覚えておきましょう。

 

負けず嫌いでプライドが高い

嫉妬深い男は必ずといっていいほどプライドが高いのが特徴です。

とにかく他人に負けることが嫌いで、相手がどう思っているかに関係なく勝手に競ってライバル心をもちます。

また、負けているかもしれない相手と比較されることを極端に嫌がり、都合の悪いときだけ「仕事は競うものじゃない」と言い訳をしてプライドが傷つかないよう逃れるんです。

関連記事⇒上から目線のプライド高い男と仕事でうまく付き合う5つの方法 - よわログ!

 

自信がなくネガティブ

自分に自信がなくてネガティブな性格も、嫉妬しやすい男性の特徴のひとつです。

自信のある人は、たとえ自分より優れた人がいてもポジティブに尊敬したり見習ったしして、相手を超えられるように努力を積み重ねます。

しかし自信がなくネガティブな人は、戦っても勝てないと感じて嫉妬心に飲み込まれてしまうんです。

 

急に口数が減る

普段はよく喋っていたり明るい男性だとしても、嫉妬を抱いた瞬間に口数が減ることがあります。

職場でトラブルが起きたり仕事のミスをしたわけでもないのに、なぜか不機嫌になったと感じたら、それは嫉妬によるものかもしれません。

 

過去の自慢話をしてくる

聞いてもいないのに過去の自慢話をしてくるのも、職場で嫉妬深い男を見分ける特徴のひとつです。

子供の意地の張り合いのようですが、相手のほうが有利な立場にあると感じた時に、過去の栄光を引っ張りだすことで「俺のほうが優秀なんだぞ」とアピールしています。

相手に嫉妬させようとしているのでしょうが、男性の自慢話や武勇伝というのは聞かされる側はめんどくさいだけですよね。

 

強がった態度をみせる

嫉妬深い男性は、それを周囲に悟られないために無理に強がる態度をとる特徴があります。

嫉妬する男ほどプライドを大切にしている場合が多く、嫉妬心を知られることは絶対に避けたいんです。

そのためプライドを保つために「俺は気にしてない」「お前なんて眼中にない」というように強がってみせます。

関連記事⇒仕事できないのに偉そうな上司や先輩の特徴と見返すための対処法 - よわログ!

 

様子をうかがってくる

嫉妬深い男は表面上こそ強がってみせるものの、内心では相手のことが気になって仕方ません。

「どれくらい仕事ができるのか?」

「職場内でどのような評価を受けているのか?」

このようにコソコソと女々しく様子をうかがっています。

そして自分より優れていると知ったら嫉妬して、不機嫌になったり自分のほうが出来る男アピールをするんです。

 

こだわりが強く自分ルールがある

自分の中で勝手に決めたルールにこだわる男性がいたら、嫉妬深い性格である可能性が高いです。

職場にはそれぞれルールというものが存在しますよね。

しかし嫉妬する男は、自分にとって有利な状況でしか戦いたくないため、勝手に自分の中でルールをつくり周囲にまで強制しようとします。

そして自分ルールから外れた相手に細かい指摘をして責めることで、自分のほうが優秀なのだとアピールをして勝った気になるんです。

 

仕事に無責任

嫉妬深い男は、きまって仕事に無責任です。

職場内でトラブルが起きたり自分が仕事でミスをしてしまっても、周囲より自分が劣っていると認められないために責任逃れをしようとします。

問題が起きても知らないふりをしたり、他人に責任を押し付けたりなど、仕事に無責任な人がいたら嫉妬しやすいかもしれないので要注意です。

関連記事⇒無責任な上司がいて仕事を辞めたい時の7つの対策 - よわログ!

 

職場で男の嫉妬をかわす方法

いいねをする男性

男性の嫉妬は意外と怖く、職場イジメや嫌がらせに発展する場合もあります。

嫉妬のターゲットになって人間関係のトラブルに巻き込まれないためにも、男の嫉妬を上手にかわす方法を覚えておきましょう。

 

対抗しようとしない

男の嫉妬には対抗しないことが一番です。

嫉妬が悪化すると、あなたに威圧的な態度を取ってくることもあるでしょう。

いちいち細かい指摘をしてきたり、あなたの評判を下げるために陰口を言ってくるかもしれません。

しかし、そういった際にも対抗しようするのは得策ではありません。

対抗すると嫉妬深い男性はさらに敵対心を深めて、もっと過激な言動をするようになってしまいます。

まずは、あなたが敵ではなく同じ職場の協力しあう仲間であることを認識させることで、だんだん相手も温和になってきますよ。

 

自慢に聞こえる話をしない

あなたにそのつもりが無くても、嫉妬深い男性はちょっとしたことを自慢話と捉えて嫉妬してきます。

たとえ周囲から褒められたり持ち上げられても、できるだけ謙虚な振る舞いを心がけましょう。

そうすることで相手が劣等感を抱く隙を与えないことも、男の嫉妬をかわす方法として大切です。

 

相手にメリットを与える

あなたが一生懸命に仕事をして職場で高い評価を得るのは素晴らしいことです。

しかし、それだけで終わってしまうと嫉妬のターゲットにされてしまいます。

そういう場合は、あなたが相手にとってメリットのある存在になれば嫉妬をかわすことができます。

  • 「〇〇の仕事ならAさんのほうが得意ですよね。教えてくれませんか?」と周囲の評価が高まるようにする
  • 仕事で成果を上げた時に「Aさんの手助けがあったから出来た」と功績を共有する

このように、自分に良い結果があった際には相手にもメリットを与えることで、嫉妬を回避できるようになりますよ。

 

ダメなところを見せる

たまには、あなたのダメなところを見せてやることで、嫉妬深い男性は安心します。

職場で真面目に働くことは大切なことですが、良い面ばかりを見せていたら嫉妬のターゲットになり、あなたにとっても不利なんです。

自虐ネタばかりを言う人はウザイですが、時折ちょっとしたことで欠点が見える人というのは人間味があって愛されます。

また、嫉妬深い男性に悩みを打ち明けたり相談に乗ってもらうのも、嫉妬をかわす方法として有効です。

そうすることで相手は「頼られた」という満足感を得て、あなたに嫉妬することを忘れますよ。

関連記事⇒職場で好かれる男性の特徴 誰からも好かれる人になるには? - よわログ!

 

嫉妬によるイジメや嫌がらせを受けているなら逃げ道を確保してください

鞄で身を守る男性会社員

もしあなたが職場ですでに嫉妬のターゲットにされ、イジメや嫌がらせといったパワハラの被害に遭っているのなら、まずは逃げ道を確保することを優先しましょう。

男の嫉妬というのは見ているだけでも見苦しく、ましてや真面目な努力で仕事をしているだけのあなたが攻撃されるなんて最低ですよね。

 人間関係のトラブルというのは解決がなかなか難しく、時間もかかります。

そんな職場にしがみついていても、あなたの心が消耗してストレスで潰れてしまいますよ。

もう嫉妬深い男と一緒に働くことに限界を感じたなら、思い切って転職を考えることが最善策です。

転職というと「全てゼロからのスタートになってしまうのでは?」と不安もあるかと思います。

しかし、あなたが今まで培ってきた経験や知識・スキルは失われません。人間関係だけが一旦リセットされるだけです。

また、難しいと思われがちな転職活動も【リクナビNEXT】を利用するだけで、あなたにピッタリな職場に出会える確率がグッと上がりますよ。

リクナビNEXTは転職サイト業界最大手なだけあって求人件数がトップクラスなので、給料・休日・人間関係など、あなたの希望にピッタリの職場を見つけることができます。

国内で最も有名なリクルートグループが運営しており実績もあって安心ですから、初めて転職サイトを利用する人には一番おすすめですよ。

もちろん登録も利用もすべて無料です。

また、リクナビNEXTに登録したからといって、必ずしも転職をしなくていいんです。

なので今の職場で働きながら色んな求人を見て、もし良さそうな求人があれば転職する。といった気軽さで利用できます。

『備えあれば憂いなし』と言うように、チャンスを逃さないためには一刻も早い行動が大切です。

あなたも、いざという時に困らないよう、リクナビNEXTでいつでも転職できる準備だけでもしておきましょう!

 

まとめ

嫉妬深い男性は、

  • 負けず嫌いでプライドが高い
  • 自信がなくネガティブ
  • 過去の自慢話をしてくる
  • 強がった態度をみせる
  • こだわりが強く自分ルールがある
  • 仕事に無責任

といった特徴があり、職場の雰囲気を悪くする本当に迷惑な存在ですよね。

このような男の嫉妬に出くわしてしまった場合には、対抗せず謙虚な態度で上手にかわすようにしましょう。

嫉妬がイジメや嫌がらせに発展しているようならば、あなたの今後のためにも迷わず逃げ道を確保してください。

いつでも転職ができるよう準備しておくだけでも、心の負担がスッと軽くなりますよ。