よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

女性が多い職場で男が人間関係のストレスで疲れる時に気をつけること

指をさす女性三人組

男にとって、女性が多い職場というのは独特の雰囲気や暗黙のルールなどがあり、慣れないと複雑な人間関係にストレスを感じて疲れてしまいますよね。

あなたも、なかなか男には理解できない女性特有の考え方や、それによって生まれるトラブルに困惑した経験がありませんか?

本記事では、そんな女性が多い職場で、男が人間関係のストレスで疲れないために気をつける点について解説しています。

女性ばかりの職場で浮いた存在になって働きづらい環境から抜け出しましょう!

 

 

女性が多い職場で男が疲れる理由は?

ベンチで空を見上げる男性

なぜ、男にとって女性が多い職場では働きづらいと感じるのでしょうか?

まずはその理由を知っておきましょう。

 

派閥やグループが存在する

女性は集団になると、派閥やグループといった一定の集団をつくり、それぞれが敵対意識をもつようになりがちです。

学生時代にも似たような人間関係を感じたことがあると思います。

男は個人個人で「好きだから仲良くする」「嫌いだから関わらない」と、わかりやすく区別する場合が多いです。

しかし女性は「グループだから仲良くする」「嫌いな人と同じグループは全員敵」といったように、集団ごとに敵味方を区別するケースが多いんです。

そのため男からすると、「なぜ好きでもないのにグループだからって良い顔をするんだろう?」「なんで嫌いな人と同じグループにいるだけで気に食わないんだろう?」と困惑する場面が多々あります。

関連記事⇒職場イジメや嫌がらせのターゲットになる原因と5つの対処法を解説! - よわログ!

 

嫉妬・ひがみが多い

女性は男性と比べて嫉妬心を抱きやすい人の割合が高いといわれています。

自分より幸せそうな人や、能力の高い人、評判のいい人などに対して嫉妬します。

男は「羨ましい」と感じたときに、自分をそこの位置まで上げるために頑張ろうと考えます。男は単純なのでカッコよくなりたいんです。

それと比べて女性の場合は「羨ましい」と感じたときに、ひがんで相手を下に落としたいと考えるケースが多いです。

そのため女性が多い職場では「お互いに足を引っ張りあっても損するだけのに」と感じて人間関係に疲れるんですね。

もちろん男性にも嫉妬深い男はいて、かえって女性より見苦しいこともあります。

関連記事⇒嫉妬深い男性の特徴は?職場で男の嫉妬をかわす方法 - よわログ!

 

理屈より感情を優先させる

男には理屈っぽい人が多く、何でも理詰めで論破しようとするため女性にとっては鬱陶しいと感じることでしょう。

反対に、女性には理屈が通用しない場合が多く、物事を感情的に判断する傾向が強くあります。

そのため女性が多い職場では、男の理屈では話が通らずにストレスを感じて疲れることが増えてしまうんです。

感情的な人というのは扱いづらく、理不尽な攻撃をしてくることもあるので注意が必要です。

関連記事⇒感情的な人が苦手!職場で理不尽な攻撃から身を守る対処法 - よわログ!

 

仕事と関係ないところで好き嫌いする

女性が多い職場では、仕事とは関係ない部分で人を判断しやすいです。

職場というのは本来、仕事をしに来ているだけであって人間関係を楽しむための場所ではありませんよね。

男性は仕事とプライベートを分けて考えることが多く、性格や価値観が合わなくても業務を行ううえで支障がなければ気にしません。

しかし、女性は仕事の仲間も私生活での仲間も同じような感覚をもっている人が多いです。

そのため業務を行ううえでは問題ないはずなのに、性格や価値観が合わないという理由だけで好き・嫌いといったレッテルを貼りがちなんです。

割り切って考えたい男性にとっては、ストレスがたまって疲れる原因となります。

関連記事⇒上司や先輩に嫌われる人の特徴と職場で嫌われたくない時に実践すべき事 - よわログ!

 

陰口、噂話、無駄話ばかり

女性が多い職場では、とにかく無駄な話ばかりです。

仕事そっちのけでおしゃべりに夢中になっている女性は本当にたくさんいます。

あまり喋りたくないときや仕事に集中したいときにまで話しかけられると、「どうでもいいよ!」と疲れてしまいますよね。

また、暇さえあれば陰口や噂話をしている職場もあります。

陰口や噂話というのは、話している本人は面白かったりスッキリするかもしれませんが、聞かされるほうは気分のよいものではなくストレスに感じるものです。

関連記事⇒職場で陰口を言われないための5つの法則とは? - よわログ!

    ⇒女性特有の「噂話好きな人」が多い職場で男が生き抜く5つの方法とは? - よわログ!

 

女性特有の心理や特徴って?

わからないポーズをする女性

男性はおおむね単純な生き物ですが、女性の心理はとても複雑です。

女性ばかりの職場で男が生き抜いていくためには、女性ならではの特徴を知ることが重要なカギとなります。

 

自分より幸せな相手が気に入らない

多くの女性は自分よりも幸せ・仕事ができる・人気がある、といった相手に対して嫉妬をします。

そして逆に自分よりも不幸・仕事ができない・嫌われている、といった相手の話を好む傾向があるんです。

「自分が楽しければ他人の話なんて興味ない」という男性とは違った特徴になります。

 

嫌いな相手の立場を落としたい

男は単純な生き物なので、「自分が上の立場になりたかったら自分が頑張るしかない」と考えます。

しかし女性の複雑な心理としては、「自分が上の立場になるためには相手の立場を落とせばいい」と考える人がいます。

最近ではようやく少しずつ女性の社会進出も前向きに考えられるようになってきましたが、それでもまだ女性は出世をしにくいのが日本社会の現状です。

そのため「自分が上がる」よりも「他者を落とす」ほうが、女性が身を守るためには理にかなっていて仕方ないのかもしれません。

関連記事⇒仕事で細かい指摘をしてくる人が超うざい時の対処法は? - よわログ!

 

気持ちに気付いてほしい

女性は自分の気持ちを言わなくても気付いてほしい、という心理があります。

  • 髪を切ったのに気付いてくれない!
  • いつもよりオシャレしてるのに褒めてくれない!
  • 頑張ったのに認めてくれない!
  • 悲しいのに慰めてくれない!
  • 怒っているのに気遣ってくれない!

男女関係において、このようなセリフを聞いたことがありませんか?

これは職場での仕事に関しても同じことが言えるんです。

そのため、気持ちを分かってほしいもどかしさから、時と状況で気分によって大きく態度が変わったりします。

関連記事⇒気分屋の上司や先輩が職場にいると疲れる!特徴と心理から付き合い方を攻略 - よわログ!

 

ちやほやされたい

なんだかんだ、いつまでたっても女性はちやほやされたいものです。

男は「女性にモテたい」という明確な基準があります。

しかし女性の「ちやほやされたい」という心理は、必ずしも「モテたい」とは違うんです。

同性だろうと異性だろうと関係なく、恋愛感情でも人間関係でも仕事のキャリアでも認められて褒められたいといった特徴があります。

インスタグラムのようなSNSを見ても、男性より女性のほうが承認欲求が強い傾向にあることは明白ですよね。

 

生理で情緒不安定になることも

これはもう、どうしようもありません。

男には一生かかっても共感できないものです。

女性は生理の周期によっては、意思に関係なくイライラしたり不安を感じたりするものです。

「いつも優しくてしっかり者なのに、たまに理由もわからず機嫌の悪い日がある…」という人がいたら、もしかすると生理による女性ホルモンの影響かもしれません。

そういった場合はホルモンのせいだから仕方ないと割り切って、温かい目で接しましょう。

 

女性が多い職場の人間関係で男が気をつけること

鞄で身を守る男性会社員

ここからは、女性が多い職場で人間関係のストレスを感じないために、男性が気をつけるべきポイントを紹介していきます。

 

清潔感と誠実さを意識する

社会人として当たり前のことではありますが、とくに女性が多い職場では清潔感と誠実さを意識しましょう。

女性は男性よりも見た目や匂いなどに対して敏感です。

そして最も嫌がられるのが、不潔な男と不誠実な男と言われています。

第一印象で「生理的に無理」と思われてしまったら、その後はどんなにイメージアップに取り組んでも不可能に近いです。

毎日お風呂に入ったり綺麗に洗濯した服を着るのはもちろん、髪型や体臭・口臭なども清潔感を保つよう気をつけるべきです。

また、仮に恋人や妻がいるのに浮気をしたのが職場でバレたとしたら、仕事で誰にも迷惑をかけていないにもかかわらず、女性というのは嫌悪感をあらわにします。

女性が多い職場ではチャラチャラしたノリを見せず、爽やかで誠実そうな態度を示すことが人間関係を良好に保つために大切です。

 

誰にでも平等に接する

女性が多い職場で人間関係トラブルに巻き込まれたくなかったら、誰にでも平等に接するよう気をつけるのも重要なポイントです。

特定の人にだけ優しくしたりすると、嫉妬する女性が必ず1人は出てきます。

とくにそれが美人だったり女子力の高い人だったりした場合、

「Aくんは〇〇さんと付き合ってるらしいよ」
「〇〇さんは男なら誰にでも色目を使う子なんだ」
「Aくんは可愛い子にすぐ手を出す最低な奴」

などなど、根も葉もない噂や陰口をささやかれ、嫉妬した女性に冷たい態度をとられたり嫌がらせを受けるケースもあり得ます。

また、派閥やグループが存在した場合には、怖ろしいことに集団によるイジメが発生する可能性もあるんです。

気の合う人・合わない人にかかわらず、誰にでも同じような態度で接するように心がけましょう。

 

プライベートな情報を話さない

プライベートの話を絶対にしない、というのも女性が多い職場で人間関係のストレスを感じないためには大事です。

あなたがプライベートの情報を誰かに話したら、次の日には職場の全員がそれを知っていると思ってください。

しかも、噂話の尾ひれ付きで話が何倍にも膨れ上がっている可能性が高いです。

仕事とプライベートを割り切って考えたい男性とくらべて、女性は仕事をプライベートの延長として考えている人が多く、仕事と関係ないはずの私生活での出来事さえケチをつけられる恐れがあります。

また、自分より充実した生活を送っていると知った途端に、わけもわからず攻撃的な態度を取られることもあるので気をつけましょう。

 

感謝や謝罪の気持ちを伝える

きちんと言葉にして感謝や謝罪の気持ちを伝えるというのも、女性が多い職場で気をつけることのひとつです。

男性でも感謝をされたら嬉しいですが、女性は承認欲求の高い人が多いため、感謝をされると「この人は私をよく見てくれてる」「私を認めている味方だ」と認識するようになります。

また、自分の気持ちは言わなくても察してほしいという女性も多いため、相手に迷惑をかけたり不機嫌そうな時はきちんと言葉と態度で謝罪の意を伝えましょう。

そうすることで「男なのに気が利くじゃん」「私を気遣ってくれている」と感じて好印象をもつようになります。

しかし、ここで注意すべきなのは「褒めない」という点です。

女性を褒めてしまった場合、好意をもっていると勘違いされて気持ち悪がられたり、聞いていた女性に嫉妬されたりといった人間関係トラブルに発展するケースがあります。

褒めるのではなく感謝という形で相手を気持ちよくすることが重要なんですね。

 

会話は聞き役に回る 

女性が多い職場では、基本的に会話は聞き役に回りましょう。

男女関係なく人間の心理として、話をよく聞いてくれる人には信頼や親近感を持つというものがあります。

とくに女性は男性よりおしゃべり好きな人が多いため、あなたがもし相手の話に割って入ったり聞かれてもいない話をすると、「あの男、自分の話ばっかりでキモイ!」と悪い印象を持たれてしまいます。

かといって無口すぎるのも「私の話には興味ないのかな」と思われてしまうので、話を広げたり相手の話を引き出す程度には喋ると良いですよ。

しかし忙しい時や疲れる時は、話しかけないでほしいですよね?

そういう時には「今ちょっと集中しないといけないんで、あとで聞かせてくださいね」と前向きな断り方をするように気をつけると、不快感を与えないで済みます。

 

関連記事⇒職場で好かれる男性の特徴 誰からも好かれる人になるには? - よわログ!

 

女性が多い職場には向かないみたいだ…と感じたら早めの転職が大事

パソコンを前に電話でいいねをする男性

男でも女性が多い職場に違和感なく溶け込む人もいますし、女性心理を理解して上手に過ごせる人もいます。

逆に、どうしても女性に囲まれた職場は向かない人だっているのは当然です。

もし女性特有の人間関係にストレスを感じて疲れ切ってしまったのなら、早めの転職で新しいスタートを切ることをおすすめします。

職場の男女比率は、あなたがどうこうできる問題じゃないですよね?

向かない職場にしがみつくより、落ち着いてのびのび自分らしく働ける環境に移ったほうが効率的に決まっています。

転職エージェントを利用すれば、職場の男女比や人間関係の良し悪しなど、自分では聞きにくいことも代わりに調べてもらうことができますよ。

給料の交渉や休日の希望を伝えることも可能です。

転職は早ければ早いほど有利なんです。

誰でも無料で利用できる転職エージェントに登録することで、あなたの働きやすい環境を手に入れられる可能性がグッと高まりますよ。