よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

仕事でミスが続く不安を解消!ミスを減らす11の再発防止策とは? 

上昇志向の笑う男性

仕事でミスが続くと不安になってきますよね。

「いつになったら出来るようになるんだろう」
「嫌われたらどうしよう」
「クビになってしまわないかな」

このように、ミスばかりの自分を責めてしまい辛くなることもあると思います。

本記事では、仕事でミスが続いてしまう人の不安を解消して、ミスを減らすための改善策を紹介しています。

もやもやして仕事するのも怖い、そんな気持ちを吹き飛ばしましょう!

 

仕事でミスが続く人の特徴と原因は?

クエスチョンマークを浮かべる女性

まずは、なぜ仕事でミスを続けてしまうのか、その原因を確認しておきましょう。

自分をきちんと知ることが、不安を解消するための第一歩となります。

 

ミスを引きずる

一度ミスしたことを、いつまでも引きずってしまう特徴のある人は、続けてミスをしがちです。

まったく反省をしないのは問題ですが、くよくよと落ち込まずに切り替えができる人のほうがミスを連発しません。

なぜかというと、過ぎてしまった事をいつまでも後悔していては、次の仕事に対しての意識が薄くなってしまうんです。

ミスしたことを引きずるのではなく、次にどうやって生かすかを考えるのが大切です。

 

自分のミスを認められない

失敗は誰にでもあることです。

にもかかわらずミスをした時に素直に認めることができず、誰かのせいにしたり隠してごまかそうとする特徴のある人はミスを続けてしまいます。

自分の間違いを認められないということは、反省もしなければ自分を変える気もないのと同じです。

怒られたり評価が下がるのは嫌なことですが、言い訳をしていては成長できずに同じミスを繰り返します。

また、プライドが高すぎたり責任感のない人は信頼されないため、指導や協力をしてもらえずにミスの再発防止ができません。

 

無責任な上司がいて仕事を辞めたい時の7つの対策

 

精神論が多い

ミスを指摘された時などに「頑張ろう!」と気持ちを高めるのは良い事です。

しかし、具体的な対策を何ひとつ取ろうとせず、気合や根性で乗り越えようとする人はミスが続く傾向にあります。

こういったタイプの人は最初は頑張れていても、
「なぜ頑張っているのにミスが無くならないんだろう?」
「ミスが減らないのは自分がこの仕事に向いていないから?」

と、だんだん不安が大きくなってしまいます。

また、精神論は気分によって左右されやすい要素でもあるため、まわりから気分屋で感情的な人だというレッテルを貼られる原因にもなります。

 

気分屋の上司や先輩が職場にいると疲れる!特徴と心理から付き合い方を攻略

感情的な人が苦手!職場で理不尽な攻撃から身を守る対処法

 

報告・連絡・相談を怠っている

確認を取らずに自分の判断で業務を行うクセのある人は、ミスが続きやすいです。

仕事に慣れてきた時ほど、「まぁ大丈夫だろう」「いちいち報告するほどの事じゃない」と考えてしまいます。

自分の判断で仕事をこなせるようになるのは大切なことですし、その心意気は素晴らしいです。

しかし、それでミスが続くということは、まだ確認作業が必要だということです。

報告・連絡・相談は、会社など組織に属している限りは怠るべきではありません。

 

人に頼れない

人に頼ることができずに自分ですべてを背負い込もうとするのは、仕事でミスが続く原因となります。

誰かに迷惑をかけたり嫌われるくらいだったら、自分の力でどうにかしなくちゃいけないと考えることがありませんか?

しかし、職場というのは協力しあうための場所です。必要な時には人に頼ることも大切になります。

「まだ分からないので教えてください」「ひとりでは手が回らないので手伝ってください」といった一言がなかなか言えない人は、慢性的なオーバーワークになってミスが無くなりません。

 

⇒ 誰かに頼りたいけど頼れないのは辛い…頼れる先輩の見つけ方! - よわログ!

 

仕事でミスを減らす11の再発防止策

アイデアを出す電球

仕事でミスが続く人の特徴と原因を理解したら、実際に不安を解消するためにミスを減らす再発防止策を紹介します。

 

ミスは必ず報告する

仕事でミスをしたら、いさぎよく認めることが大切です。

そして必ず上司や先輩、担当の者に報告するようにしましょう。

自分の中だけで反省するのと、誰かに報告して情報を共有するのとでは、その後の取り組みに大きく差が出ます。

報告をしたら「また同じミスで報告しないように気を付けなきゃ」という意識が強く芽生えます。

また、報告することで指導を受けたり他者の意見を聞く機会も生まれるため、再発防止するためのアイデアも得やすくなります。

 

なぜミスしたのか原因を探る

ミスを減らすためには、ミスとしっかり向き合わなければいけません。

自分の失敗を見つめるのは気が進まないものですが、原因を追究しないことには再発防止策を練ることもできません。

「なぜミスをしたのか?」が分かると、「原因を排除するためには?」という次の段階に入ることができます。

「気を引き締めよう!」「今度はミスしないように頑張るぞ」といったように気持ちの問題で済ませることなく、論理的に原因を探りましょう。

 

メモやチェックリストを書く

メモを取る、チェックリストを作る、というのは原始的ですがミスを減らすには効果的な再発防止策です。

人間の記憶というのは、思っているより信頼できないものなんです。

どれだけ記憶力に自信があって忘れないように意識をしていても、ちょっとしたきっかけや疲れ・ストレスなどで意識は散漫になってしまいます。

メモやチェックリストを用意しておくだけで、万が一忘れた場合の保険になりますし、「忘れたらどうしよう」といった不安も解消することができます。

指示を受けたり覚えておくべき事があれば、面倒でも記録するように心がけましょう。

 

仕事の優先順位リストをつくる

チェックリストと同時に、仕事の優先順位リストをつくることでも、ミスを減らすことに繋げることができます。

仕事でミスが続く人というのは、「何が重要で緊急性が高いのか?」ということを把握していない場合が多いです。

そのため、急ぐ必要のない仕事に先に時間を使ってしまって、重要な仕事がおろそかになってミスをしてしまうんですね。

また、優先順位をはっきりさせておくことはミスを減らす再発防止策だけでなく、仕事を早くこなせるコツでもあります。

 

仕事が遅いと言われる人の原因と悩みを改善する8つの対策 - よわログ!

 

整理整頓をする

仕事でミスが続くときには、一旦あなたの身の回りを整理整頓しましょう。

仕事をするスペースが散乱したり重要なものがどこにあるか把握できていない状況では、ミスが続く原因となってしまいます。

自分では綺麗にしているつもりであっても、ミスを減らすためには今一度、身の回りを整理整頓してみましょう。

 

仕事ができる人を観察、マネする

仕事ができる人、ミスをしない人には、それなりの理由が必ずあります。

自分なりにミスを減らすため改善しようとしても出来ない、何をしたらいいか分からないという人は、仕事ができる人をとにかく観察しましょう。

直接その人に相談したり指導してもらうのも良いですが、もともとミスが少ない人というのは無意識のうちにミスの再発防止策を取っているケースも多いです。

そういった場合、よく観察して徹底的にマネをすることから始めると良いですよ。

ただし、口先だけは偉そうなことを言っているくせに実際は仕事ができない人もいるため、そのような相手をマネしてしまわないように注意しましょう。

信用できる人を見分けるためには、こちらの記事を参考にしてください。

 

仕事できないのに偉そうな上司や先輩の特徴と見返すための対処法 - よわログ!

信用できない上司の特徴を見抜けば会社を転職しなくて済む!? - よわログ!

 

確認作業を徹底する

仕事でミスを減らすためには、必ず確認作業を怠らないようにしましょう。

確認作業が大事なのは誰でも知っていることにもかかわらず、多くの人は確認不足のまま仕事を進めてしまいます。

「これくらいなら確認しなくても大丈夫だろう」
「確認したつもりだけど見落としていた」
「忙しくて確認する手間が惜しい」

などなど、確認作業を怠る理由はさまざまです。

しかし、人はミスをする生き物です。

ミスをしている前提で確認するくらいでなければ意味がありません。

また、確認作業をしなかったせいで後からミスが発覚すると、余計に手間がかかってしまいます。

「きちんと確認した」という自覚があると、ミスが続く不安も無くなりますよ。

 

忙しい時ほど冷静に

仕事でミスが続く人は、忙しい時ほど冷静になるため落ち着きましょう。

慌てていると、誰でもミスをしやすくなります。

急ぐことばかりを考えていたら視野が狭くなってしまい、周りが見えずミスしてしまったり、ミスしたことに気付かなかったりするんです。

「忙しいな」と感じた時ほど一度深呼吸や背伸びなどをしてみて、重要な点や注意すべき点を再認識してから取り組んでください。

焦ってしまう気持ちになるのは仕方のないことです。

なので、焦っている自分に気付いたときに感情をコントロールするのが大切なんです。

自分を客観的に見つめるクセをつけることが、再発防止につながりますよ。

 

自分を疑う

仕事でミスが続く人は、無意識のうちに自分を過信している可能性があります。そのため、なぜミスをしてしまうのか分からず不安になるんです。

自分の知識や見解、仕事のやり方など、「もしかすると間違っているんじゃないか?」と疑ってみることで新しいことに気付くことができます。

ミスは誰でもするものですから、まずは自分もミスをしてしまう前提で物事を考えましょう。

自分で分からなければ、信頼できる先輩に間違いを指摘してもらったり仕事の確認をしてもらうのも良いですよ。

頼れる先輩の見つけ方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

誰かに頼りたいけど頼れないのは辛い…頼れる先輩の見つけ方! - よわログ!

 

人目を気にしない

ミスが続くからといって、「嫌われたらどうしよう」「次はいつ怒られるんだろう」とビクビクして人目を気にしすぎるのは良くありません。

不安や緊張を感じている状態では、人は集中力がもたずにミスをしやすくなります。

周りにどう思われるかを気にしていても、ミスは減るどころか増える一方なんです。

感情的なことに気を取られるのではなく、論理的に「どうすれば再発防止できるか」という対策に思考を働かせましょう。

どうしても人目が気になるという時は、こちらの記事で克服法を紹介しています。

 

職場で人目が気になる 働きづらいと感じた時の心理と克服法! - よわログ!

 

疲労やストレスを解消する

再発防止策をあれこれと実行するのはもちろん大事です。

しかしそれ以前に、疲労やストレスが過剰にたまっていれば、どれだけ気を付けていてもミスを減らすことはできません。

体調不良や寝不足も同様で、あなたが思っている以上に身体や精神の状態は仕事のクオリティに影響します。

また、疲労やストレスがたまりすぎると、うつ状態や不安障害になる恐れもあります。

心身のコンディションを最適に保つことで、初めて注意力や集中力が維持できるんです。

  • 食事は朝、昼、晩しっかり取る
  • 睡眠時間を確保する
  • 疲れを感じたら休憩を取る
  • ストレスはこまめに発散する

このように、分かっていても実際おろそかになりがちな生活習慣の改善も、仕事のミスを減らすうえでは非常に重要ですよ。

 

ミスばかりで不安…仕事に行きたくない時には

悩んで顎に手を添える男性

新人や若手の時はとくに、ミスばかり続くと

「仕事が向いてないんじゃないかと不安」
「怒られてばかりで仕事に行きたくない」
「ミスのせいで嫌われて職場に居づらい」

と落ち込んでしまって毎日が辛いですよね。

ここで紹介した再発防止策を読んでみても解決できそうにないと感じたなら、思い切って転職を考えてみましょう。

「職場を変えても自分がミスを減らさなくては意味がない」と思うかもしれませんが、じつは職場の環境というのも、あなたの仕事の質に大きな影響を与えるんです。

実際、僕も気が弱いせいでミスを恐れて不安な日々を過ごし、人間関係に苦しんでいる時期がありました。

自分は社会人として欠陥品なんじゃないかと悩んだ事さえあります。

しかし、相談した知人のアドバイスで思い切って転職をしてみると、仕事内容はそこまで変わっていないのに環境が違うだけで仕事との向き合い方がガラリと変わったんです。

不安を抱えたまま怯えながら今の職場にしがみつくより、新しい環境で再スタートを切ったほうが、気持ちもスッキリと切り替えることができます。

ストレスで心や体を壊してしまったり、取り返しのつかないトラブルを起こしてしまう前に、自分らしく働ける職場を探しはじめてはどうでしょうか?

転職サイトを利用すれば、今の職場で働きながら無料で気軽にさまざまな求人を見ることができます。

登録後にミスが改善されたらそのまま今の職場で働けばいいですし、今より良さそうな職場を見つけられたら転職活動をすればいいんです。

きっと、あなたがのびのびと仕事ができる環境が見つかるはずですよ。