よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

職場でヒステリーを起こす性格の女性の対応に困ったら?上手にかわせる対処法!

ヒステリーで本を散らかす女性

職場にヒステリーを起こしやすい性格の女性がいて、その対応に困ったことはありませんか?

何の前ぶれもなく急に感情的になられると、驚いてどうしたらいいか分かりませんよね。

ましてや職場という理性的でいるべき場所でそのようなヒステリーを起こされたら、ストレスで疲れてしまいます。

本記事では、そういった『ヒステリーを起こす性格の女性が職場にいても平穏に過ごせる対処法』を紹介していきます。

理解できない相手の対応に困っている人は、ぜひ参考にしてください!

 

関連記事

 

こんな女性がヒステリーを起こす!性格の特徴は?

クエスチョンマーク浮かべる女性

まずは職場でヒステリーを起こす女性の特徴を知っておきましょう。

そうすることでトラブルを避けやすくなりますよ。

特徴として以下のようなものが挙げられます。

 

発言や態度がころころ変わる

ヒステリーを起こしやすい女性の特徴のひとつとして、一貫性の無さがあります。

機嫌が良いときは優しいのに、不機嫌なことがあると途端に周囲にきつく当たりがち。

気分によって言っていることが変わるので安易に信用しないようにしましょう。

また、初対面の相手や目上の人に対しては猫をかぶる傾向もあるため、注意が必要です。

 

劣等感がつよい

劣等感がつよい女性はヒステリーを起こしやすい性格といえます。

自身が感じている劣等感を刺激してくるような人がいた場合、激しい嫉妬心に駆られて感情を爆発させます。

思いもよらない事がスイッチとなる事があるので周囲は驚かされます。

 

プライドが高く上から目線

プライドが高すぎる性格の女性も、その自尊心が傷つけられた瞬間にヒステリーを起こしやすいです。

そして上から目線で他人を攻撃して、あたかも「自分は偉いんだ」「自分は間違っていない」とアピールします。

 

何事も自分本位にしか考えない

ヒステリーを起こしやすい女性は、職場であろうと自分本位にしか物事を考えないといった性格の特徴があります。

自己中心的でわがままな言動が多く、他人の迷惑などは考えずに自分の都合を優先的に考えがち。

そのため自分が損をしたり面倒だと感じる展開になると、周囲のことはお構いなしに感情を爆発させます。

 

ネガティブで被害妄想を持ちやすい

基本的にヒステリーを起こす人はネガティブな思考をしている場合が多いです。

そのため自分の勝手な被害妄想で、

「陰口を言われている」
「馬鹿にしている」
「私への当てつけだ」

と他人の言動をマイナスにとらえて憤りをおぼえます。

周囲からすると「なんで怒ってるの?」と不思議に感じることが多々あります。

 

かまってちゃんで承認欲求が強い

いつも誰かにかまってほしくて、「褒めてほしい」「認められたい」という欲求が強い性格の女性は、その欲求が満たされなかったときにヒステリーを起こす傾向があります。

「私はこんなに頑張ってるのに!」という気持ちが怒りに変わるんですね。

 

自分の考え方・やり方が絶対

ヒステリーを起こす女性は、いろいろなタイプの人がいるにもかかわらず多様性を認めることができず、自分の考え方や仕事のやり方が絶対だと思っています。

頭が固くて柔軟性がないため、普段とちがう出来事があったときに臨機応変に対応することができません。

なので自分の思い通りにならなかった場合にパニックになったり感情が抑えきれなくなってしまいます。

 

ヒステリーを起こさせない!事前の対処法とは?

胸を抑える女性

ヒステリーを起こしやすい性格の特徴を知ったら、そういった女性の感情を爆発させないよう気を付けたいところですね。

では実際にヒステリーを起こさせないよう、事前にできる対処法にはどういったものがあるのか解説していきます。

 

ミスや短所を責めない

ヒステリーを起こしやすい女性に対して、その劣等感を刺激するような言動は避けましょう。

その人物のミスや短所について必要以上の指摘をすると、あからさまに不機嫌になったり逆ギレされたりします。

どうしても指摘せざるをえない仕事のミスなどはやんわり伝えるようにし、できるだけ否定的な言葉を使わないようにすると良いですよ。

 

むやみに誰かを褒めない

ヒステリーを起こしやすい女性は嫉妬心が強い傾向にあるため、その人物の前ではあまり他の誰かを褒めないように気を付けましょう。

自分以外の誰かが高評価を受けているだけで、

「私のほうが頑張っているのに!」
「私はあの人より劣っているということ!?」

といったように、あたかも自分が相対的に過小評価されていると思い込んで敵意を持ってしまいます。

誰かを褒めたい時や感謝の言葉を伝えたい時は、ヒステリーを起こす人が近くにいない状況にしましょう。

 

誤解のない言動を心がける

被害妄想によってヒステリーを起こされる危険性を減らすために、できるだけ普段から誤解のない言動を心がけてください。

あなたが何気なく取った行動や発言が、相手にとっては「嫌味」や「皮肉」に思われる可能性があることを意識しておくことが大切です。

そのため、あいまいな言葉や態度をとったり、説明不十分にならない付き合い方をしましょう。

そもそも余計な言動はつつしんで受け身に回ることが賢明です。

もし「さっきの言葉は誤解を生んだかも?」といったことがあれば、早めに撤回したり真意を説明しておきましょう。

 

考え方や仕事のやり方を否定しない

あなたと考え方や仕事のやり方が違っても、それを否定しないでください。

ヒステリーを起こすような女性は、何があっても自分の考え方を絶対に変えようとしません。

そのため、間違っていることを指摘して変えさせようとしても無駄であるどころか、逆にあなたが反撃されたり悪者であるかのような扱いをされることもあります。

基本的には相手の好き勝手にやらせておいて、上司などに怒られるまで放置しておくのが無難でしょう。

放置しておくと大変なトラブルになるかもしれない時は、目上の人に注意してもらうよう相談すると良いですよ。

 

感謝の言葉を伝える

ヒステリーを起こしやすい女性は、承認欲求が強いので感謝されることが嬉しくてたまりません。

しかし、やたらと褒めていたら「裏があるのでは?」とネガティブに捉えられてしまうことも。

そのため「褒める」より「感謝する」という手段で相手の承認欲求を満たしてあげることが重要です。

仕事として当然と思えるようなちょっとした事でも、きちんと言葉に出して感謝すると、良い人間関係が築けますよ。

 

理屈で接しようとしない

ヒステリーを起こす人は感情でものを考えて行動します。

そのため理屈がまったく通用しないんです。

なので、あなたがどれだけ正しかったとしても、自分の感情にそぐわない内容であれば聞く耳をもちません。

むしろ論理的な話をもちかけると、

「理屈っぽい」
「人の気持ちを無視してる」
「私を言いくるめるつもりだ」

と、あたかも正論を言っているほうが悪者のように捉えます。

頭ごなしに理屈を言うのではなく、まずは相手の感情を受け止めましょう。

 

そもそも関わらない

今さらですが、そもそもヒステリーを起こしやすい人には可能な限り近づかないのが無難です。

関りを減らせばヒステリーによって迷惑をかけられる可能性も減らすことができますし、気を遣って疲れてしまうのも防げます。

余計な会話やコミュニケーションの機会を減らしましょう。

職場で仕事上どうしても関わらなくてはいけない場合には、ここまで解説したような対処法を取って穏便に接してくださいね。

 

ヒステリーを起こされた!落ち着かせたい時の対応は?

頭をかかえる女性と驚く男性の人形

ここまでヒステリーを起こさせないための対処法を解説してきました。

しかし毎日のように職場で顔を合わせていると、思いもよらない出来事でヒステリーのスイッチが入ってしまうこともあるでしょう。

そうなると一刻も早く冷静さを取り戻してほしいですよね。

そんな時に取るべき対応についても紹介していきます。

 

火に油をそそがない

まずはヒステリーを起こしている女性に対して、感情を刺激してもっと激しいヒステリーに発展させないように気を付けることが重要です。

落ち着かせようと思って取った行動が、さらに相手の地雷を踏んでしまうケースも少なくありません。

具体的に、どういった対応が望ましくないのでしょうか?

以下のようなものが挙げられます。

  • 「落ち着いて」「冷静になって」
  • 「どうしてそれくらいで怒る(悲しむ)の?」
  • 相手の話をさえぎったり反論、説得する
  • こちらまで感情的になる
  • 理屈や正論で抑えようとする

これらの行為は、ヒステリーを落ち着かせるためについ取ってしまいがちです。

しかし、これは相手にとって「見下されている」「理解・共感をする気がない」と思わせてしまう原因となってしまうんです。

基本的にヒステリーを起こす人は「わかってほしい」という気持ちが根本としてあるため、こういった火に油をそそぐ行為をしてしまわないよう注意しましょう。

 

場所を移してみる 

ヒステリーを起こした女性がいる場合、とりあえず一旦その場を移動してみる、という方法を取ってみましょう。

「場所を変えただけで感情が収まるの?」と思うかもしれませんが、これはお店などのクレーム対応でも用いられる手段のひとつで、意外と効果的なんです。

ポイントとしては、

  • 移動時間がクールダウンになる
  • ヒステリーの原因となったモノや人、出来事から離れる
  • 話を聞く姿勢があることのアピールになる

こういった理由から、相手の感情を落ち着かせることに繋がります。

その場で話を聞くよりも、移動してから聞くだけで先ほどより理性的に話ができるようになりますよ。

できればイスなどがあったら座らせると、さらに効果的です。

 

冷たい水を飲んでもらう

ヒステリーを起こしている女性を落ち着かせるための対応として、冷たい水を飲んでもらうという方法もあります。

ヒステリーを起こした瞬間に「お水を飲んでください」なんて言われても、「それどころじゃない!」となるでしょうね。

しかし、感情が爆発して怒鳴っていたり泣いたりしていると、ものすごくエネルギーを使ってのどが渇いてきます。

そして脱水状態になると冷静な判断ができなくなったり疲労やイライラが増してしまいます。

そこで先ほど説明したように場所を移動して座らせた後、「話を聞かせてください」とさりげなく水を差し出しましょう。

「水を飲むくらいで何か意味があるの?」と思うかもしれませんね。

でも実は、水には緊張やイライラを解消させて落ち着かせる効果がある、と科学的にも証明されているんです。

水を飲むことによって頭に上った血が下がり、また「冷たさ」がほてった身体を冷まして興奮状態をしずめてくれる効果もあります。

 

言いたいことを全部言わせる

とにかくヒステリーを起こしている女性には、言いたいことをすべて吐き出させましょう。

感情的になっている相手に対して落ち着くよう説得したり、間違いに反論したりすることは得策ではありません。

ヒステリーを起こしている人は「わかってほしい」という気持ちがあるため、まずは「何が正しいか」よりも「理解を示すこと」のほうが大切なんですね。

そのため、話を聞くときにも

  • 何が起こったのか?
  • 何に(誰に)たいして不満なのか?
  • どうしてほしいのか?

といったことをきちんと話せるように、うまく誘導しながら聞き役に回りましょう。

ただし「言いたいなら勝手に言えば?」という態度ではなく、演技でもいいから「わかってあげたいから聞かせてほしい」と寄り添う姿勢を見せることが大事です。

 

おだやかな口調で話す

感情的になっている人というのは、だいたい早口になって声を荒らげている場合が多いですよね。

だからといって、あなたまで影響されて早口になったり大きな声を出さないように気を付けましょう。

相手に言いたい事を言わせるのは必要ですが、ペースまで相手に合わせていたら互いにヒートアップしてしまいます。

行動というのは感情に直結するため、口調が焦っていると感情もどんどん過激になっていくんです。

そのため、こちらが話すときの口調や態度はいたって冷静に、おだやかな対応を心がけてください。

そうすることで相手も自然とペースダウンしていき、「あれ?なんで私こんなに感情的になっているんだろう」と落ち着きを取り戻していきますよ。

 

もうヒステリーを起こす女性と一緒に働くのは疲れた!平穏な職場を探すには?

街でジャンプする男性

ここまで、職場でヒステリーを起こす性格の女性の対応について解説してきました。

ですが、対処法がわかっていても、毎日のようにそんな人の相手をしていると疲れてしまいますよね。

感情を刺激しないように気を遣い、ヒステリーを起こしてしまったら慎重に対応しなくてはいけない。

「もっとのびのび仕事がしたい!」と思うのは当然のこと。

そういった時には、転職サイトでいろいろな職場の情報を見てみましょう。

もちろん、「すぐに転職する!」という気がなくても構いません。

ただ他の職場の求人をながめているだけでも、「もし今の職場が限界になっても、こんなにたくさんの求人があるんだ」という事実を知っていることで気が楽になりますよ。

無料で誰でも利用できますし転職を急かされることもないため、安心して気軽に利用してみてくださいね。

そして自分の希望に合った職場が見つかれば、嫌な相手との疲れる日々から抜け出すことだってできます。

良い職場は早いもの勝ちです。

人間関係のいい職場は人気があって辞める人も少ないため、チャンスを逃さないようにしたいですよね。

今とりあえず登録しておいて、あなたの人生を豊かにする機会を逃がして後悔しないようにしておきましょう!