よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

傲慢な人を懲らしめる方法って!?特徴と5つの対処法を解説

煙草を吸うサングラスの男

あなたの身近に傲慢な人がいませんか?

職場で毎日のように傲慢な態度をとられると、ものすごくストレスがたまって「どうにか懲らしめてやりたい!」と思うのも当然ですよね。

だって、謙虚にしているあなたが振り回されて、腹立たしいその人が平然と仕事をしているなんて我慢ならないですもんね。

本記事では、そんな傲慢な人の特徴と対処法を解説し、どうやったら懲らしめることができるのかを紹介していきます。

ぜひ参考にして心の平穏を取り戻してくださいね!

 

何様だ!?傲慢な人の特徴とは

叩きつけられた拳

まずは傲慢な人の特徴を知っておきましょう。

そうすることで対応しやすくなりますよ。

あなたの職場にいる人に当てはまっているか確認してみてくださいね。

 

自分こそ正義だと思っている

傲慢な人というのは、「自分こそ正義であり、違った考え方の人間は悪である」と思い込んでいます。

正当性や論理的な根拠があるかどうかにかかわらず、絶対に自分が最も正しいと考えるんですね。

そのため自分の仕事のやり方や考え方は決して曲げることなく、周囲の人たちにまで同じものを強要してきます。

 

仕事できないのに偉そうな上司や先輩の特徴と見返すための対処法 - よわログ!

 

反省しない

職場で何かトラブルが起きたり仕事のミスをしても、傲慢な人は反省をしません。

自分にとって都合が悪いことが起きたときには、

「自分が間違っているはずない」
「ミスやトラブルは周りのせいに決まっている」

と考えるため、自分の仕事について振り返ることをしないんですね。

 

上から目線

傲慢な人は、たいてい他人を見下しており、上から目線で発言することが非常に多いです。

これはプライドが高いことが原因といえます。

そのため他人より自分のほうが不利な立場にあることを認めることができず、負けず嫌いで必要以上に敵対心をいだく傾向があります。

 

上から目線のプライド高い男と仕事でうまく付き合う5つの方法 - よわログ!

 

虚栄心が強い

傲慢な人の特徴として、虚栄心の強さが挙げられます。

本当は自分に自信がなく、中身がスカスカなことを隠して自分を大きく見せるために見栄を張りがち。

嘘をついたり無理をしてでも他人より優れた存在なのだとアピールしないと気が済まないんですね。

 

威勢がいい

無駄に威勢がいいのも、傲慢な人の特徴のひとつです。

自分は仕事ができる人間なんだと言わんばかりに威張りまくっていますが、実際には実力が伴っていないことが多く、周りは尻拭いをさせられてしまいます。

勢いばかりで結果を残していない人には要注意です。

 

他人の意見を聞かない

傲慢な人は、基本的に誰かの意見を聞こうとしません。

せっかく相手がアドバイスや大切な話をしてくれても、右から左へと聞き流してしまいます。

自分が一番正しくて自分の力だけで何でも出来ると思っているため、他人の意見を受け入れる気がないんですね。

自分の話だけ盛り上がって、他人の話になると急に生返事になったり話をすり替えたりする人物には注意しましょう。

 

感謝や謝罪をしない

仕事を手伝ってもらった時やフォローしてもらった時、ミスやトラブルの原因となった時などにも、傲慢な人は感謝や謝罪をしません。

これは、「手伝ってもらって当然」「自分は悪くない」という考えが根本にあるからです。

そのくせに自分が協力したり迷惑をかけられた場合には、相手に対して感謝や謝罪を求めます。

 

思いやりがない

傲慢な人は、自分以外の誰かに対して配慮できないといった特徴があります。

相手の気持ちを思いやることができないので、思ったことをすぐ口に出したり後先を考えずに行動しがち。

「周りがどう感じるか」を考えずに「自分がどう思ったか」だけしか頭になく、他人に迷惑をかけたり嫌な想いをさせたことに気付きもしません。

そのため協調性がなく職場でも浮いた存在になりやすいです。

 

仕事に無責任

仕事をしていくなかで責任逃れや責任をなすりつけるのも、傲慢な人の特徴といえます。

口先だけは偉そうなことを言ったり威勢がいいですが、いざミスやトラブルが起こると、すぐに知らんふりをしたり誰かのせいにして責任を取ろうとしません。

職場では周囲がその責任を取らされることも多いため大変迷惑ですよね。

 

無責任な上司がいて仕事を辞めたい時の7つの対策 - よわログ!

 

細かい指摘が多い

傲慢な人は、自分に対して甘いくせに他人には細かい指摘ばかりをします。

仕事への影響があまりない事や、ちょっとしたミスでも執拗にチクチクと指摘して圧力をかけるんです。

そのくせ自分が指摘をされると不機嫌になったり逆ギレしたりします。

 

仕事で細かい指摘をしてくる上司や先輩が超うざい時の対処法は? - よわログ!

 

口が悪い

傲慢な人の多くは、口が悪いという特徴がみられます。

職場だろうと関係なく汚い言葉を遣ったり、失礼な発言や悪口を言うことにためらいがありません。

そして自分の口が悪いという自覚がないため、周りを不快にしたり傷付けていることに気付きもしないんです。

 

職場で陰口を言われないための5つの法則とは? - よわログ!

 

どう付き合う?傲慢な人の5つの対処法

仕事の話をする二人

傲慢な人の特徴が分かって、あなたの職場にいる人に当てはまったでしょうか。

それでは次に、傲慢な人と付き合っていくにあたっての対処法を解説していきます。

 

できるだけ距離を置く

そもそも傲慢な人とはできるだけ関わりを持たないようにしましょう。

職場なので仕事上どうしても関わらなくてはいけない事もあるかと思います。

しかし、必要以上の会話やコミュニケーションを取ることは、あなたのためにも避けたほうが良いです。

傲慢な人がいると嫌な態度をされないように機嫌を取ろうとしがちですが、それではあなた自身の心の体力がすり減ってしまいます。

「ここには仕事をしに来ているだけだ」と割り切って距離を置くようにすれば、それだけストレスを感じる機会も減りますよ。

 

こういう生き物だと割り切る

上から目線の言葉や、きつい態度を取られると腹が立ったり不愉快に感じますよね。

でもそれは、あなたが傲慢な人を自分と同じ人間だと思っているから「なんでそういう態度を取るの?」と感じるんです。

なので、もう最初から「こういう話し方しかできない生き物なんだ」と冷めた目で見ることも大事なんです。

犬が吠えるように、猫が爪をとぐように、傲慢な人は傲慢な態度をとるのが普通なんだと割り切りましょう。

そうすることで、あなたが何か言われ場合でも真正面から受け取らずにスルーできるようになりますよ。

 

反対や否定をしない

傲慢な人と争うのは時間とエネルギーの無駄です。

「自分が最も正しい」と考えていて他人の意見など聞く耳をもたないので、あなたがどれだけ正論や良いアドバイスをしたところで無意味なんです。

むしろ相手を否定したり反論することは火に油をそそぐ行為であり、余計に傲慢な態度をとられて面倒なことになります。

ストレスを最小限に抑えるためには、適当に受け流してさっさとその場を離れてしまうのが賢明です。

どうしても見逃せないことがある時には、傲慢な人が逆らえないような目上の人に相談をして、間接的に注意してもらいましょう。

 

感謝や謝罪を伝える

感謝や謝罪の言葉で切り抜けるのも良い対処法です。

必要以上に褒めたり媚びたりするのは、調子に乗らせて傲慢さが増すためオススメしません。

何か指摘してきたら「教えてくれてありがとうございます」。

怒っていたら「すみませんでした、気を付けます」。

相手のほうが間違っていたとしても、素直なふりをして速やかにこういった言葉を発せば、それ以上の被害は防ぐことができます。

「傲慢な人にそんなこと言いたくない!」という気持ちは分かります。

でもたった一言でその場を収めることができる、便利な呪文だと思ってみましょう。

 

自慢話や他の人を褒めたりしない

傲慢な人の前では、自分の成功体験を話したり、他の人を褒めるようなことはやめておきましょう。

傲慢な人はプライドが高く、自分が一番優位な立場でないと気が済まないため、他人が褒められると自分を大きく見せるために態度が大きくなるんです。

平穏な職場を保つためには、対抗心や敵対心を刺激しないことが大切なんですね。

 

もう限界!傲慢な人を懲らしめる方法は?

CHANGEの文字を指さす

ここまで職場で傲慢な人と付き合っていくための対処法を解説しました。

しかし、毎日のように傲慢な人と同じ空間にいるのはストレスが溜まります。

また、いちいち対処法を実践するのも「なんで自分が合わせなきゃいけないの?」と疲れてしまいますよね。

「どうにか懲らしめたい!」と思うのも当然です。

限界を感じている人は、以下の内容を参考にしてみてくださいね。

 

傲慢な人は必ず落ちこぼれる

雰囲気を悪くしたり周囲を不快にさせるような人が職場でふんぞり返っていると、正直なところ納得いかないですよね。

そんな傲慢な人が、どういう結末を迎えるのか気になりませんか?

ぱっと見では偉そうに有利な立場で過ごしているように感じるかもしれませんね。

でも実は、傲慢な態度をとる人は、のちのち必ず落ちこぼれるんです。

なぜなら、圧力をかけて人の上に立った気になっていても、それは表面上の浅い人間関係に過ぎないからです。

従わせているように見える職場の人々も、本音は

  • 怒らせると面倒だから
  • 怖くて仕方なく
  • 仕事と割り切って我慢

こういった理由でしぶしぶ付き合っているだけなんですよね。

つまり、みんな傲慢な人には内心では嫌気がさしています。

そして最初は耐えている人たちも、いずれ我慢の限界を感じて傲慢な人から離れていきます。

そうなると、傲慢な人は誰からも協力してもらえなくなったり気を遣ってもらえなくなって、職場で孤立することになります。

仕事というのは決して一人だけでは全部できません。

だから支え合うために会社という組織があるんです。

そのため孤立した傲慢な人は、満足いく仕事ができず必ず落ちこぼれていきます。

自分で自分の首を絞めているようなものですよね。

 

懲らしめたいなら戦わず放置

傲慢な人はあなたがリスクを背負って懲らしめなくても、いずれ落ちこぼれて勝手に自滅していきます。

一緒の職場で働いていると怒りが込み上げてくることもありますよね。

しかし、実際におとしめようとする行為は、あなたにとって損でしかありません。

時間とエネルギーを無駄にするばかりか、傲慢な人は自分が正義だと思っているので逆ギレして事態が悪化する可能性さえあります。

傲慢な態度をとっているたびに、

「あぁ、また自分から信頼を失っているよ」
「どんどん嫌われているのに分からない人だな」

と心の中で見下してあげましょう。

 

転職でギャフンと言わせよう!

そして、あなた自身はそんな傲慢な人と一緒に働いてストレスを溜めつづける日々から抜け出してしまいましょう。

転職をすれば傲慢な人から離れて平穏になれるだけでなく、より良い環境でのびのびと働いている姿を見せれば、直接あなたが懲らしめなくてもギャフンと言わせることができますよ!

今より待遇や人間関係のいい職場を探すのなら、まずは転職サイトに登録するのが賢い方法です。

もちろん今すぐ転職をする気がなくても誰でも簡単に無料で利用できます。

「もし今より良さそうな職場があったら転職しようかな」くらいの気軽さで登録していいんです。

あなた自身は自分らしくのびのびと仕事をしながら、傲慢な人を悔しがらせることもできる。

そう考えるとワクワクしてきませんか?

そのためには行動しなくては何も始まりません。

現状を変えたければ、誰かを攻撃するのではなく、あなたの素晴らしい未来のために行動することが大切です。