よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

男の嫉妬は厄介!職場で嫉妬による嫌がらせを受けない5つの対策

イメージ画像

嫉妬といえば女性をイメージする人も多いかもしれませんが、男でも嫉妬する人は少なくありません。

むしろ、じつは嫉妬心の強い男ほど厄介なものはないんです。

なぜなら、そこには男ならではの〈プライド〉が隠れているから。

一度ターゲットにされると、とことん自分のほうが優位に立たないと気が済まないのです。

そして、優越感を得るために嫌がらせをしてくるような場合まであります。

本記事では、職場で厄介な男の嫉妬に悩まされないための方法を解説していきます。

「めんどくさい!もう我慢できない!」そんな嫉妬による嫌がらせとは無縁の日々を手に入れてくださいね。

 

なぜ男の嫉妬は厄介なのか?

イメージ画像

男の嫉妬はどうして厄介なんでしょうか。

じつは、そこには3つの理由があります。

 

仕事で足を引っ張られる

男の嫉妬のターゲットになると、仕事をするうえで足を引っ張られてしまいます。

プライドが高いために他人の成功を素直に認めることができず、場合によっては仕事の邪魔をしてきたり、成果を横取りすることもあります。

まともな感覚があれば、たとえ嫉妬心を抱いたとしても同じ職場の人間に対して足を引っ張るような真似はしませんよね。

だって全体の仕事効率が落ちてしまい、会社の利害に繋がってしまうのですから。

しかし嫉妬深い男性というのは、協力し合うべき仲間にも敵対心を持ってしまい、仕事よりも自分のプライドを守ることを優先するんです。

 

上から目線のプライド高い男と仕事でうまく付き合う5つの方法 - よわログ!

 

職場の雰囲気を悪くされる

男の嫉妬は、仕事の効率を下げるばかりか、職場の雰囲気も悪くします。

嫉妬する相手がいるだけで機嫌が悪くなったり、威圧的な態度をとって職場の空気を一変させます。

これは、嫉妬のターゲットに対して「こいつがいるせいで雰囲気が悪くなっている」と悪者扱いしているのです。

そのせいで派閥や権力争いなども生まれやすくなり、人間関係のトラブルの原因となります。

 

威圧的な人が苦手…。きつい態度をとる心理と身を守る10の対応とは - よわログ!

 

いじめや嫌がらせをされる

男の嫉妬は時として、仕事の効率や職場の雰囲気を悪くするだけでなく、いじめや嫌がらせに発展することもあります。

仕事とは直接関係ないような面でも批判してきたり、身体的あるいは精神的な嫌がらせをしてきます。

嫉妬する相手をおとしめて職場での評価が下がるように仕向けたり、圧力で支配しようとしたり、最悪だと退職まで追い詰めて排除するようなケースもあるんです。

これはすべて、「自分より優れた人間がいるのは許せない」といった心理から行われることです。

 

職場イジメや嫌がらせのターゲットになる原因と5つの対処法を解説! - よわログ!

 

どれも本当に迷惑で、職場にこのような嫉妬深い男性がいるとものすごく厄介ですよね。

では、実際に職場で男の嫉妬による嫌がらせを受けないための方法を解説していきます。

 

職場で男の嫉妬による嫌がらせを受けない5つの対策

イメージ画像

対策①:嫉妬深い男の特徴を知る

まずは、どういった男性が嫉妬をしやすいのか、その特徴を知っておきましょう。

そうすることで、注意すべき相手や気を付けるべき行動を早めに見抜くことができ、対策をしやすくなりますよ。

嫉妬深い男の特徴については、こちらの記事を参考にしてください。

 

嫉妬深い男性の特徴は?職場で男の嫉妬をかわす方法 - よわログ!

 

対策②:優劣に関心を示さない

男の嫉妬を感じた時には、「優れている」「劣っている」といった比較に対して無関心であることを心がけましょう。

嫉妬による嫌がらせというのは、相手を自分の都合いいように支配したり、マウントを取って優越感に浸るために行われます。

いじめて相手をコントロールすれば自分のほうが強いと思い込むようになり、周囲に対しても優れた自分をアピールしたいと考えるんです。

そこで大切なのは、「そもそも優劣に関心がない」「自分はべつに優れていない」という様子を見せることです。

すると相手は張り合いがなく、あなたにマウントをとる必要がなくなります。

また、あなたのことを批判してきたり敵対心を燃やしてきたところで、否定も肯定もせず「どっちでもいい」と受け流す姿勢を見せましょう。

こちらが冷静でいると、相手も感情的になっている自分を客観的に知って、落ち着くきっかけになりますよ。

 

感情的な人が苦手!職場で理不尽な攻撃から身を守る対処法 - よわログ!

 

対策③:感謝をする

男の嫉妬による嫌がらせを受けないためには、あえて相手に感謝するようにしましょう。

批判や指摘をしてきた場合には、反論したり嫌な顔を見せず、内心では思っていなくても「教えてくれてありがとう」と言うんです。

仕事で成功した時にも、「〇〇さんのおかげで達成できた」と感謝してみせます。

そうすることで、嫉妬深い男性も「自分は認められている」という承認欲求が満たされ、わざわざ嫌がらせをして相手を落とす必要がなくなるのです。

内心と違うことをするのに不満を感じるかもしれませんが、あなたの仕事ぶりや態度というのは、周囲はきちんと見てくれていますよ。

 

対策④:余計な会話を避ける

あなたにそのつもりが無くても、思いもよらない些細なことで嫉妬されることがあります。

うまくいった仕事の話をしているだけで自慢話だと思われたり、プライベートの話をしただけで幸せアピールをしていると勘違いされる場合もあるんです。

職場なので業務上どうしても必要な報告・連絡・相談などはしなくてはいけません。

しかし、それ以外の余計な会話は避け、そもそも嫉妬される機会を減らすことが大事です。

 

対策⑤:ダメな部分をあえて見せる

たまには、あなたのダメな部分をあえて見せることで、嫉妬深い男性は安心します。

職場で真面目に働くことは大切なことですが、良い面ばかりを見せていたら嫉妬のターゲットになり、あなたにとっても不利なんです。

自虐しすぎたり相手に媚びすぎたりするのは鬱陶しいですが、時折ちょっとしたことで欠点が見える人というのは人間味があって愛されます。

また、嫉妬深い男性に悩みを打ち明けたり相談に乗ってもらうのも、嫉妬をかわす方法として有効です。

そうすることで相手は「頼られた」という満足感を得て、あなたに嫉妬することを忘れますよ。

 

男の嫉妬による嫌がらせで心が疲れたら…

イメージ画像

あなたが今の職場で男の嫉妬による嫌がらせを受け、そんな相手との付き合いに限界を感じているなら、まずは逃げ道を確保することを優先しましょう。

男の嫉妬というのは見ているだけでも見苦しく、ましてや真面目な努力で仕事をしているだけのあなたが嫌がらせを受けるなんて最悪ですよね。

人間関係のトラブルというのは解決がなかなか難しく、時間もかかります。

そんな職場にしがみついていても、あなたの心が消耗してストレスで潰れてしまいますよ。

まずは転職して環境を変え、新し人間関係を築いていくほうが何十倍も効率的です。

転職というと「全てゼロからのスタートになってしまうのでは?」と不安もあるかと思います。

しかし、あなたが今まで培ってきた経験や知識・スキルは失われません。人間関係だけが一旦リセットされるだけです。

転職サイトを利用すれば、すぐに退職する予定がなくてもその準備を整えることができます。

いろいろな職場の求人情報を見ているだけでも、「居場所はいくらでも選べるんだ」ということが分かり、心の支えになりますよ。

誰でも無料で利用できるので、「今の職場で限界を感じたときの保険をかけておこう」といった気軽さで登録していいのです。

人間関係のストレスがない職場で、自分らしくのびのび働くチャンスをつかみにいきましょう。

『備えあれば憂いなし』と言うように、チャンスを逃さないためには一刻も早い行動が大切です。

あなたも、いざという時に困らないよう、いつでも転職できる準備だけでもしておいてくださいね!

 

まとめ

〈男の嫉妬がめんどくさいワケ〉

  • 仕事で足を引っ張られる
  • 職場の雰囲気を悪くされる
  • いじめや嫌がらせをされる

 

〈嫉妬による嫌がらせを受けない方法〉

  • 嫉妬深い男の特徴を知る
  • 優劣に関心を示さない
  • 感謝をする
  • 余計な会話を避ける
  • ダメな部分をあえて見せる

 

職場で男の嫉妬による嫌がらせに悩まされている場合には、無理をせず今後のあなたの未来が明るくなる道を選びましょう。

転職できる準備をしておくだけでも、心の負担がスッと軽くなります。

いざという時に速やかな決断ができるよう、今できる一歩を踏み出してください。

行動を起こすことが、あなたの未来を明るくしますよ!