よわログ!

弱気な男の生き方ブログ。

職場で女同士の怖い嫉妬に巻き込まれないために対策すべき6つの特徴と行動

イメージ画像

女性の多い職場では、男だけの職場とは違った人間関係が生まれやすいですよね。

そのなかでも独特なのが「嫉妬」によるトラブル。

女心なんて全然わからなかった僕も、「なぜそんな事でもめるの!?」と思いもよらない人間関係トラブルに巻き込まれ、多大なるストレスを抱えた経験があります。

はっきり言って、女同士の嫉妬は、男よりも何百倍も怖いです…。

同じように職場で女性の嫉妬に迷惑している人も多いんじゃないでしょうか?

本記事では、そんな女の嫉妬に巻き込まれないための対策を解説していきます。

女性の嫉妬にみられる特徴や避けるべき行動を知り、平穏な日々を手に入れましょう!

 

男の嫉妬はこちらの記事をお読みください⇒男の嫉妬は厄介!職場で嫉妬による嫌がらせを受けない5つの対策 - よわログ!

 

 

女同士の嫉妬が怖い理由

イメージ画像

男の嫉妬も見苦しいですが、女性の嫉妬というのは比較にならないほど怖いものです。

甘く見ていると、とんでもない被害を受けることになってしまいます。

どのような点が怖いのか、そこには3つの理由があります。

 

周囲を巻き込んでくる

女性は嫉妬する相手を一人で攻撃するのではなく、集団で攻撃しようとする傾向があります。

女性の多いところで派閥やグループが生まれやすいのも、そのためです。

一見すると無関係と思われる立場にいても、

「〇〇さんのこと、どう思う?」
「あの人、こんなこと言って最低だよね」

といったように、嫉妬する相手をおとしめて周囲を自分の味方につけようとします。

そのため、本人たちのことだから放っておこうとしても、トラブルに巻き込まれてしまう危険性が常にあるのが怖いところです。

 

仕事に感情を持ち込んでくる

職場で女同士の嫉妬があると、仕事にまで感情を持ち込んで悪影響をもたらす事があります。

良識のある大人であれば気に入らない相手と一緒に働いていても、仕事中だけは仕事と割り切ってドライに対応しますよね。

しかし嫉妬深い女性の場合は、職場だろうと仕事中だろうと自分の感情を優先してしまうんです。

そのため嫌いな相手には、

  • わざと報告・連絡・相談をしない
  • 協力しない、組むことを拒否する
  • 仕事でミスするように仕向ける

など、職場にとって不利益となるような事を平気でやってしまうのです。

あからさまに一人にだけ不機嫌な態度をとったり、自分の思い通りにならなければ人目をはばからずヒステリーを起こすことも。

 

職場でヒステリーを起こす性格の女性の対応に困ったら?上手にかわせる対処法! - よわログ!

 

陰湿ないじめにつながる

女同士の嫉妬がひどくなると、陰湿ないじめに発展することがあります。

男のわかりやすい争いと違って、ジメジメとした嫌がらせが続く場合もあるため怖いですね。

身体的な暴力や明らかなパワハラなどであれば、周囲が気付いてやめさせることも可能ですが、陰湿ないじめは発覚しにくいです。

そのため、うつ病になったり退職させられるまでいじめが続いてしまうことも少なくありません。

 

職場イジメや嫌がらせのターゲットになる原因と5つの対処法を解説! - よわログ!

 

女同士の嫉妬にみられる6つの特徴と対策すべき行動

イメージ画像

職場で女性の嫉妬による人間関係のもつれがあると、「自分は関係ないから」では済まないことが分かったでしょうか。

では、そんなトラブルを回避するために、女同士の嫉妬にみられる特徴を理解しておきましょう。

そして【巻き込まれないための対策】も併せて解説しているので参考にしてくださいね。

 

特徴①:モテる女は嫌われる

モテる女性は嫉妬の対象となり嫌われてしまいます。

  • 容姿がいい
  • 女子力が高い
  • 男性が好きな仕草
  • 誰とでも仲良くできる

このような女性は、嫉妬深い女のターゲットにされやすいです。

本人は特に意識していなくても、「あの子は男好きだ」「〇〇くんを狙っている」といった根も葉もない噂をささやかされることも。

また、「可愛いからって調子に乗っている」など、どうにもならない理由で嫌がらせを受ける場合もあります。

 

【対策】

あなたが何気なく仲良くしていることが原因で、噂のネタにされるかもしれません。

職場では特定の女性とだけ仲良くするのは避け、平等に接するようにしましょう。

 

女性特有の「噂話好きな人」が多い職場で男が生き抜く5つの方法とは? - よわログ!

 

特徴②:上司に好かれる人を妬む

上司から気に入られる女性は嫉妬されやすいです。

キャリアウーマンが活躍するようになってきた近年、女性も職場での評価というのを強く意識する機会が増えています。

そのため上司から好かれる人がいると、自分と比べて焦燥感や不安を感じてしまうんです。

そして、少しでも良い待遇を受けたり上司に褒められたりすると、「あの子だけ贔屓されている!」と怒り狂うことも。

 

【対策】

あなたが上司の立場にいるのなら、みんなの前で一人を褒めたり報酬を与えるのは避けるのが得策です。

同僚の立場にいるのであれば、上司に気に入られている女性を持ち上げるような言動はしないように注意してください。

 

感情的な人が苦手!職場で理不尽な攻撃から身を守る対処法 - よわログ!

 

特徴③:育ちや学歴を気にする

女の嫉妬は仕事のことだけにとどまらず、

  • どこの大学を出たか
  • 実家は裕福か貧乏か
  • どんな教育を受けてきたか
  • 家族に優秀な人間がいるか

このような育ちや学歴を気にし、自分の境遇と比較しては嫉妬するのです。

実際には仕事に影響していなくても、境遇で負けていると「自分は負けているんじゃないか?」とコンプレックスを抱いてしまうんです。

そして都合が悪くなると、

「やっぱり〇〇大学を出た人は違うよね」
「いい環境に恵まれてずるい」

といった皮肉や嫌味につながります。

 

【対策】

学歴や育ってきた環境について話すことは避けましょう。

聞かれて仕方なく答える時にも、自慢に聞こえないよう謙虚でいることが大切です。

また、逆にあなたも他の人たちの学歴や育ちについて聞き出そうとしてはいけません。

 

職場で陰口を言われないための5つの法則とは? - よわログ!

 

特徴④:プライベートも嫉妬の対象

職場であっても、女同士の嫉妬はプライベートな内容まで及ぶことが多々あります。

  • 友達が多い
  • スペックの高い彼氏や旦那がいる
  • 趣味や家庭での生活が充実している

このように私生活が充実していると、職場の人には何の関係もないはずなのに嫉妬をします。

嫉妬深い女性というのは、他の女性の「幸せオーラ」に敏感で、仕事だろうとプライベートだろうと過剰反応するのです。

 

【対策】

できるだけ職場では業務上で必要な会話だけするようにし、プライベートな内容の話には参加しないようにしましょう。

 

特徴⑤:仕事は結果よりも苦労

女性が仕事に関して嫉妬をする時は、結果よりも「苦労しているかどうか」を基準にします。

男はどちらかというと結果重視で、成果を出した人に対して嫉妬心を抱きます。

しかし女同士の嫉妬では、

「何でも器用にこなして鼻につく」
「自分より楽な仕事でずるい」
「私ばかり大変な仕事をしている」

といったように、自分と比べて苦労していない相手に対して敵対心を抱くのです。

 

【対策】

仕事の量や負担が平等になるよう、均一に割り当てましょう。

どうしても仕事が偏ってしまう場合には、不満が出ないように協力したりフォローするのも大事です。

 

特徴⑥:お金やブランド物に嫉妬

女同士の嫉妬で分かりやすい指標のひとつとして、お金やブランド物があります。

  • いい所に住んでいる
  • 親や夫がお金持ち
  • いつもブランド物を身に着けている

このような比較対象というのは、勝ち負けがはっきりとしているため、嫉妬のターゲットとなりやすいのです。

女性は意外と細かいところまで見ていて、良い服や小物などを持っていれば気が付いています。

あからさまに口に出すと「お金大好き」みたいで卑しいと思われるため、ひっそりと確認しながら嫉妬心をため込んでいきます。

 

【対策】

職場ではお金のニオイをさせないことが鉄則です。

ブランド物はプライベートで使うようにして、職場では見せないのが無難でしょう。

また、嫉妬深い女性が身に着けているものを褒めてあげたりすると、承認欲求を満たしてやることができます。

 

女の嫉妬に嫌気が差したら行動あるのみ!

イメージ画像

あなたが今の職場で女性の嫉妬に巻き込まれ、ストレスで限界を感じているなら、まずは逃げ道を確保することを優先しましょう。

女の嫉妬というのは、悪化すると心を病むほどの陰湿ないじめに発展することもあり、とても怖いものです。

人間関係のトラブルというのは解決がなかなか難しく、時間もかかります。

そんな職場にしがみついていても、あなたの心が消耗してストレスで潰れてしまいますよ。

まずは転職して環境を変え、新し人間関係を築いていくほうが何十倍も効率的です。

転職というと「全てゼロからのスタートになってしまうのでは?」と不安もあるかと思います。

しかし、あなたが今まで培ってきた経験や知識・スキルは失われません。人間関係だけが一旦リセットされるだけです。

転職サイトを利用すれば、すぐに退職する予定がなくてもその準備を整えることができます。

いろいろな職場の求人情報を見ているだけでも、「居場所はいくらでも選べるんだ」ということが分かり、心の支えになりますよ。

誰でも無料で利用できるので、「今の職場で限界を感じたときの保険をかけておこう」といった気軽さで登録していいのです。

人間関係のストレスがない職場で、自分らしくのびのび働くチャンスをつかみにいきましょう。

『備えあれば憂いなし』と言うように、チャンスを逃さないためには一刻も早い行動が大切です。

あなたも、いざという時に困らないよう、いつでも転職できる準備だけでもしておいてくださいね!

 

まとめ

〈女の嫉妬に巻き込まれないために〉

  • 誰に対しても平等に接する
  • みんなの前でひとりを褒めない
  • 学歴や育ちがいい人ほど謙虚に
  • プライベートの話は避ける
  • 仕事の負担は均等にする
  • 職場では質素で地味なほうがいい

 

職場で女性の嫉妬に悩まされている場合には、無理をせず今後のあなたの未来が明るくなる道を選びましょう。

転職できる準備をしておくだけでも、心の負担がスッと軽くなります。

いざという時に速やかな決断ができるよう、今できる一歩を踏み出してください。

行動を起こすことが、あなたの未来を明るくしますよ!

 

関連記事

女性が多い職場で男が人間関係のストレスで疲れる時に気をつけること - よわログ!