よわログ!

弱気な男の働き方ブログ。

仕事で理不尽に怒られる人がやるべき7つの対処法とは?

「理不尽に怒られて辛い…」
「今なんで怒られたの…?」

このように仕事で理不尽に怒られる悩みを抱えている人へ対処法を紹介します!

仕事をしていて毎日のように理不尽に怒られていると、自信を失ってしまいますよね。

僕も納得いかない怒られ方をしてどうしたらいいか分からず、怯えてばかりで仕事が手につかない時期がありました。

でも、ここで紹介する方法のおかげで不当な対応から解放されるようになっていきました。

ぜひ最後まで読んで、理不尽な扱いをされる日々から抜け出してくださいね!

 

Check!

今の職場に限界を感じている人は、20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】がおすすめ!

退職する予定がなくても無料で利用できるため、「自分に合った職場を知りたい」という気軽さで登録できます。

自分らしく働けそうな場所を教えてもらうことができますよ。

▼▼詳しくはこちら▼▼

 

仕事での理不尽な怒られ方とは?

まずは、どういった状況で怒られるのが理不尽といえるのかを解説していきます。

仕事なので怒られても仕方ない時というのはありますが、以下のような怒られ方をした場合には納得いかないのも当然です。

当てはまる事例がないか確認してみましょう。

 

新人なのに即戦力を求められる

新人が仕事をできないのは当たり前です。

それなのに先輩たちと同じレベルの仕事をいきなり求められても、最初から出来るわけありませんよね。

職場によっては新人にも即戦力を求めることがありますが、経験のないことで怒られるのは理不尽であると言えます。

新人が仕事できないのは当たり前?早く慣れるための6つのコツとは

 

仕事を教えてくれない

ちゃんと仕事を教えてくれないくせに、できないと怒る人っていますよね。

「分からないなら聞け」と言うのに、聞いたら「自分で調べろ!」と怒られる。

このような状況はとても理不尽で、どうしたらいいか分からずストレスがたまってしまいます。

仕事を教えてくれないのに怒られる悩みを解決する7つの方法

 

人によって怒り方が違う

同じことをしているのに、なぜか怒られない人と怒られる人っていますよね。

上司のお気に入りだけ優しくされて自分だけ怒られると、理不尽だと感じるのは当たり前です。

こういう状況がつづくと、「なんで自分だけ?」「自分が悪いのかな?」と不安になってきます。

怒られやすい人には8つの特徴があった!仕事で怒られないコツとは

 

やり方が違うだけで怒られる

ミスをしたりトラブルを起こしてしまったら怒られるのも仕方ないですが、結果は同じなのにやり方が違うだけで怒られるのは理不尽です。

自分なりに効率のいい手順を考えたりなど努力をしているのに、「言われた通りにしろ」「勝手なことをするな」というのは納得いきませんね。

細かい上司に疲れる時にやるべき簡単な4つの対策とは?

 

責任を押し付けられる

自分に問題があって怒られたら素直に反省すべきですが、責任のないところで罪をなすりつけられるように怒られるのは理不尽です。

とくに上司が無責任な人だと、反論をしても「言い訳するな」と抑え込まれてしまうので最悪ですよね。

無責任な上司に振り回されない7つの対処法を解説!

 

不機嫌なときに八つ当たりされる

論理的に指導をされるのであれば納得できます。

しかし、上司や先輩の機嫌が悪いときに八つ当たりのような怒られ方をしたら理不尽だと思うのは無理ありません。

仕事なんだから感情的にならないでほしいですよね。

感情的になる人の心理と5つの対処法を知ってのびのび働こう

 

こういった怒られ方をしても納得できずに不満がたまるよね。
次に、そんな時の対処法を紹介していくよ。

 

仕事で理不尽に怒られる時の7つの対処法

ここからは仕事で理不尽に怒られる人がやるべき対処法について紹介していきます。

しっかりと対応して、納得いかないストレスを軽減していきましょう。

 

冷静な対応を心がける

まずは、どれだけ理不尽な怒られ方をしても冷静に対応するようにしましょう。

たしかに納得いかないことを言われると腹が立ったり悲しくなったりしますよね。

でも、だからといってあなたまで感情的になってしまうと、泥仕合になって収集がつかなくなってしまいます。

そうなると立場の強い上司や先輩には勝てません。

理不尽な相手には、ペースを乱されないことが大切です。

あくまでも理性的に、落ち着いて受け答えしてくださいね。

 

感謝したあとで意見を言う

理不尽に怒られた時には、あえて感謝の言葉を口にするのも効果的です。

「不満に感じているのに感謝なんてしたくない!」という気持ちも分かりますが、反論したところでもっと理不尽なことを言われて悪化するだけです。

そこで、「教えてくれてありがとうございます」「勉強になります」などと言ってみてください。

感情的になって怒っていた人も、呆気にとられて冷静さを取り戻すことが多いです。

そのあとで「自分は~~という考えで、この判断をしたのですが、間違っていたんですね?」と自分の意見を伝えてみましょう。

すると先ほどまで頭ごなしに怒っていたのに「まぁ、そういう考えもあるかもしれないけど、次からはこうしてね」と丁寧に教えてくれるようになりますよ。

 

言い方ではなく内容だけを聞く

理不尽に怒られて納得いかない時というのは、どうしても指摘された内容よりも「悔しい」「ムカつく」といった気持ちが優先されてしまいがち。

しかし、そんな状態では本当に役立つ情報が見えなくなってしまいます。

言い方や態度が理不尽だったとしても、怒ることには何か理由があるはずです。

不満に感じる気持ちは一旦置いておいて、「ここから自分の成長につながるヒントはないか?」と指摘された内容に注目してみましょう。

 

怒られる内容をメモに取る

理不尽に怒られる時には、その内容をすべてメモに取るなどして記録しておきましょう。

これには3つの効果があります。

一つ目は、「あなたの言うことをちゃんと聞く気がありますよ」というアピールをして相手の気持ちを落ち着かせるためです。

二つ目は、言っていることが違う時やトラブルが起きた時の証拠にできるから。

そして三つ目は、相手への牽制です。

この方法は多くの企業がクレーマー対策に導入しているもので、あなたも「この電話の内容は録音されています」という前置きを聞いたことがありませんか?

記録を取られていると意識させることで、「理不尽なことを言ったら自分が悪者になる」と自分を客観的に見させる効果があるんです。

そのため怒られる時には、「忘れないようにメモをさせてください」などと言って、目の前で記録をとりましょう。

 

矛盾している部分について尋ねる

  • 以前と言っていることが違う
  • 他の人とやり方が違う
  • 怒られなかった人もいる

こういった時には、その矛盾点について質問してみましょう。

「この前は~~と聞いたのですが、今回のケースはどう違ったんですか?」
「〇〇さんは同じやり方でも問題なかったようですが、僕はなぜダメだったのでしょうか?」

など、あくまでも「勉強したいので教えてください」という雰囲気で尋ねてください。

反論するような言い方だと相手も感情的になってしまうため、質問という形を取るのが重要です。

 

まわりに相談する

理不尽に怒られてばかりで仕事にならないような場合は、自分ひとりで解決しようとするのではなく、まわりに相談してみましょう。

仲のいい同僚や頼れる先輩に相談することで、理不尽な相手との付き合い方をアドバイスしてくれたり、怒られている時にフォローしてくれるようになるかもしれません。

また、上司や人事に相談することでパワハラとして認定されたり、異動させてもらえたりするケースもあります。

職場いじめの悩みは誰に相談すべき?解決に繋がる6つの相談相手

 

リフレッシュして気持ちを切り替える

理不尽に怒られるとストレスが溜まりますよね。

しかし、その事ばかり考えていると心臓がいくつあっても足りません。

理不尽な相手に時間とエネルギーを使っても無駄なだけです。

ある意味、「気にしない」というのは最強の対処法といえます。

「また何か言ってるよ」と聞き流せるようになれば一番いいですね。

適度に心と体をリフレッシュして、上手に気持ちを切り替えましょう。

仕事に疲れた、癒されたい!心と身体の疲れを取る7つの方法

 

といっても、僕みたいに弱気だと「気にしない」というのは難しいんだよね。
どうしても理不尽に怒られて辛いなら、次の方法で解決しよう!

 

もう理不尽に怒られるのは限界だと思ったら転職しよう

毎日のように理不尽に怒られていると、自分の価値を見失ってしまったり、自分自身を追い詰めてしまうことも。

そうならないためにも、あなたが前向きに仕事ができるよう転職を考えはじめてください。

今のままでは、「また怒られるんじゃないか…」とビクビクしてしまって自分の本来の力を発揮できませんよね。

あなたが自分らしく仕事をできる職場はきっとあるはずです。

意味もなく怒られるばかりで成長できず、今の若いあなたの貴重な時間とエネルギーを無駄に消耗するのは、もったいないと思いませんか?

転職というと「全てゼロからのスタートになってしまうのでは」と不安もあるかもしれません。

しかし、あなたが今まで培ってきた経験や知識・スキルは失われません。人間関係だけが一旦リセットされるだけです。

なので人間関係の悩みでどうにもならない時には、転職して自分らしく働くことのできる環境を見つけることが大切なんですよ。

人間関係が原因の転職は逃げなのか?逃げてもいい6つのパターンとは

 

前向きな転職がしたいなら

新しい環境で心機一転したいとは思っても、転職がうまくいくか心配でなかなか一歩を踏み出せませんよね。

そういう場合には、転職エージェントを利用することで不安を取り除くことができますよ。

すぐに退職する予定がなくても誰でも無料で利用できるため、「専門家のアドバイスを聞いてから決断したい!」「自分に合った職場を知りたい!」という気軽さで登録できるんです。

僕も人間関係の悩みが原因で転職を経験した一人ですが、転職サービスのおかげで今は
自分らしく仕事ができて、毎日を楽しく過ごせています。

おすすめは20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】 です。

まだ若い“今だからこそ”の求人だけに限定して取り扱っているため、他の転職サイトよりあなたの希望にマッチングする可能性がとても高くなります。

大手のマイナビが20代のために徹底したサポートをしてくれるので安心感もありますよね。

求人紹介だけでなく「適性診断」「面接対策」「企業とのやり取り代行」などもすべて無料で行ってくれるため、自分一人での転職活動よりずっと有利に進めることができますよ。

このまま理不尽な時間を過ごして人生を消費しますか?

たった1分の簡単な登録で、あなたの明日が変わります。

「また今度でいいか」とためらっていたら、このままずっと変わることはありません。

現状を変えたいなら、今できる一歩から踏み出しましょう!

▼▼自分に合う職場を見つける▼▼

 

まとめ

〈仕事で理不尽に怒られる時の対処法〉

  • 冷静な対応を心がける
  • 感謝したあとで意見を言う
  • 言い方ではなく内容だけを聞く
  • 怒られる内容をメモに取る
  • 矛盾している部分について尋ねる
  • まわりに相談する
  • リフレッシュして気持ちを切り替える

ここで紹介した方法を実践していくことで、だんだん理不尽に怒られる頻度を減らせたり、仕事でのストレスが軽減されていきますよ。

それでも今の職場で働き続けることに不安を感じるようなら、早めに見切りをつけて転職を考えましょう。

あなたの人生にとって前向きな選択をしてくださいね。

▼▼自分に合う職場を見つける▼▼