よわログ!

弱気な男の働き方ブログ。

上司が嫌いで仕事辞めるのはダメ?前向きに働くためならOKです

「上司が嫌い」という理由で仕事を辞めてもいいんでしょうか…?

あまりに上司のことが嫌いすぎると、つい仕事を辞めたくなりますよね。

でも実際に転職への一歩を踏み出していいものか、迷ってしまう人も多いかと思います。

僕も以前の職場では、「上司を嫌いな人はたくさんいるのに、自分だけそんな理由で仕事を辞めるのはダメかな…」と悩んでいた時期がありました。

しかし、三度の転職を経験してみて分かったことがあります。

『上司が嫌いで仕事を辞める』というのは正当であり、決して珍しくないことなんです。

その理由を詳しく解説し、上司が嫌いで仕事を辞めるときに役立つ転職方法もあわせて紹介します。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてくださいね。

 

Check!

今の職場に限界を感じている人は、20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】がおすすめ!

退職する予定がなくても無料で利用できるため、「自分に合った職場を知りたい」という気軽さで登録できます。

自分らしく働けそうな場所を教えてもらうことができますよ。

▼▼詳しくはこちら▼▼

 

上司が嫌いで仕事辞めるのはダメなのか?

「上司が嫌いなのを理由に仕事辞めるのって甘えかな…?」

このように考えて転職をためらってしまう人はとても多いです。

  • 労働環境がブラック
  • いじめやハラスメントがある

といった、あからさまな問題があるわけでもなく、

  • 本当にやりたい事が見つかった
  • キャリアアップや給料アップを目指したい

というポジティブな理由があるわけでもない。

しかし、初めにお伝えしたように、上司が嫌いで仕事を辞めるのは決して間違った判断ではありません。

なぜそう言えるのか?その理由は以下になります。

 

心身の健康が第一

まず何より、心身の健康が第一。

これは仕事でもプライベートでも変わることのない、シンプルながら絶対的なものです。

嫌いな上司と働きつづけることによるストレスで体調を崩してしまえば、元も子もありません。

「なんとなく嫌いだな」という程度であれば対策しながら付き合っていくこともできますが、仕事を辞めることまで考えてしまうということは、非常に大きなストレスを感じている状態だと言えます。

病気になったり事故を起こしてからでは手遅れです。

「仕事だから」と無理をした結果、仕事そのものが満足にできなくなるかもしれないんです。

何より優先すべきは、あなたの心身が健康でいられること。

その環境をきちんと整えてから、いくらでも頑張ればいいのですよ。

僕は職場に行くだけで吐き気がしたりなど、軽度のうつ症状が出ていた時期があります。
転職することで回復しましたが、そのまま無理し続けていたらと思うと怖いですね。

 

嫌いな上司のもとでは成長できない

上司が嫌いで仕事辞めることを「逃げ」「甘え」と言う人もいるかもしれません。

それくらいで辞めたら社会人として成長できない、と。

しかし実際には、転職はネガティブな選択肢ではなく、『前向きに仕事をするため』の行動なんですよね。

今あなたは嫌いな上司のもとで、仕事に集中できていますか?

円滑なコミュニケーションが取れて、充実した教育を受けられていますか?

やる気や向上心を持って、自分の力を発揮できていますか?

きっと、そうでないから「辞める」という考えに至ったのではないでしょうか。

本来なら必要ないはずの「人間関係の悩み」「上司への不満」にエネルギーを奪われるせいで、嫌いな上司のもとでは成長したくても難しくなります。

きちんと仕事に向き合うために転職が必要なのであれば、それは「逃げ」でも「甘え」でもありませんよね。

以前の僕は、嫌いな上司をどうやり過ごすかばかりに気を取られていました。
転職して仕事に集中できるようになったことで、効率のいい働き方ができています。

 

良い上司に恵まれるかで人生は変わる

上司が嫌いで仕事を辞めるのは、ある意味、人生を変える行為だと僕は思います。

社会人になると、仕事の時間が人生の大半を占めることを実感しますよね。

そして仕事の悩みやストレスが大きいと、プライベートの時間までそのことを考えてしまいます。

嫌いな上司がいるだけで、その時間すべてがイヤなものになってしまう感じがしませんか?

仕事の質も低下し、将来の出世や収入額に悪影響が出る場合もあるでしょう。

しかし逆に、良い上司(自分に合った上司)に恵まれたら、そのすべてが充実したものになり得ます。

もちろん、上司の良し悪しだけで人生が決まるわけではないですが、確実に大きな要素であるのは間違いありません。

 

上司が嫌いで仕事辞める時に気をつけるべき事とは

ここまで「上司が嫌いという理由で仕事を辞める」のは正当であることをお伝えしました。

しかし、だからといって真正面から「◯◯さんが苦手なので辞めます!」と言ってしまうのは得策ではありません。

嫌いな上司に一矢報いたい気持ちも分かりますが、退職は円満に済ませるのが基本ですし、トラブルを起こせば何より自分が損するだけです。

「一身上の都合」「家庭の事情」など、当たり障りのない理由を用意して退職の旨を伝えるようにしましょう。

また転職活動の際にも、ネガティブな印象を与えないように、前向きな転職理由を用意しておくことをオススメします。

そして、そんな時に役立つのが20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】 です。

ここでは転職のプロに正直な気持ちで相談できるため、上司が嫌いで仕事を辞める人が困りがちな面接対策などもしっかり行ってもらえます。

退職する予定がなくても誰でも無料で利用できるため、「専門家のアドバイスを聞いてから決断したい!」「自分に合った職場を知りたい!」という気軽さで登録できるんです。

僕も人間関係の悩みが原因で転職を経験した一人ですが、おかげで今は自分らしく仕事ができて、毎日を楽しく過ごせています。

大手のマイナビが求人紹介だけでなく『適性診断』『面接対策』『企業とのやり取り代行』などもすべて無料で行ってくれるため、自分一人での転職活動よりずっと有利に進めることができましたよ!

20代を過ぎると優良な会社への転職は一気に難しくなります。

「また今度でいいか」とためらっていたら、このままずっと変わることはありません。

現状を変えたいなら、今できる簡単な一歩から踏み出しましょう!

▼▼自分に合う職場を見つける▼▼

「退職したいけど怖くて言えない」「もう職場にすら行きたくない」という人は、『仕事を辞めたいのに言えない20代の悩みをたった1日で解決する方法』を参考にしてね。