よわログ!

弱気な男の働き方ブログ。

仕事できない人がいじめられる職場に居てはいけない3つの理由

仕事できない人がいじめられる職場って最低!

いじめのある職場で働いていると、毎日の仕事がものすごくストレスになりますよね。

自分がターゲットにされたら本当に辛いですし、他の人がいじめられている所を見るのも気分が悪いものです。

そんな職場いじめが起こる原因のひとつに、「仕事ができないから」というものがあります。

もちろん、そんな理由で人を攻撃していいはずがありません。

そこで本記事では、以下の内容についてまとめました。

  • 仕事できない人の特徴といじめられる原因
  • 仕事できない人がいじめられる職場に居てはいけない理由

最後まで読むことで、働く環境の大切さがお分かりいただけると思います!

 

Check!

転職について考え始めた人は、ひとまず無料の転職サービスに登録しておきましょう。

職歴や希望条件を登録しておくだけで自分にマッチした求人が届いたりなど、可能性が広がりますよ。

▼▼おすすめはコチラ▼▼

  • リクナビNEXT …日本最大の転職サイト。何から始めたらいいか分からない時は、まずここで情報収集。
  • doda …質の高い豊富な求人と、転職活動に役立つコンテンツが充実し、業界トップクラスの実績がある。

 

仕事できない人はいじめられやすい?

職場でいじめが起こる原因はさまざまです。

その中でも「仕事ができない(能力が低い)」ということを理由にいじめを行うケースはとても多いんです。

つまり、仕事できない人はいじめられやすいと言えます。

なぜそのような事案が多くなってしまうのでしょうか?

 

ストレスを感じやすいから

仕事ができる人にとって、仕事できない人はそれだけでストレスに感じられる場合があります。

もちろん、すべての人がそう感じるわけではありません。

せっかちや完璧主義、狭量で余裕のない人ほど、自分より能力の劣っている相手にイライラする傾向が強いです。

そのため「なんでこんな事もできないんだ!」「仕事ができないのはやる気がないからだ!」とストレスを感じて、いじめという行為に及ぶのです。

つまり仕事できないことを理由にいじめをする人は、自分の基準でしか物事を考えられないと言えます。

 

正当化しやすいから

仕事できない人がいじめられやすいのは、「攻撃の正当性」を主張しやすいのも要因のひとつです。

言い換えると、いじめを正当化しやすいんですね。

「性格や価値観が合わない」「発言や態度が気にくわない」といった理由でのいじめには抵抗を感じたとしても、「仕事できないから厳しく指導してるだけ」と言えば聞こえが良くなります。

といっても、それは加害者が都合のいい解釈をしているだけに過ぎません。

 

怒りの矛先を向けやすいから

仕事できない人は目につきやすいため、それだけ怒りをぶつける相手に選ばられやすくなります。

また、仕事ができないと職場での立場も弱いことが多く、「この人ならいじめてもいいだろう」と思われがちです。

いじめをするような人間は、常に攻撃するための材料を探しています。

そのため仕事ができない人は怒りやストレスのはけ口として、ターゲットにされてしまうのです。

 

なるほど…。でもどんな理由があっても、いじめは絶対にしてはいけない行為だ!

 

仕事できない5つの特徴に当てはまる人は要注意!

「仕事ができない」ことを理由にいじめられる人には、多く見られる5つの特徴があります。

これらに当てはまる人は注意が必要です。

 

同じようなミスを繰り返す

何度も同じようなミスを繰り返していると、最初は優しく教えてくれていた場合でも、だんだん厳しくなっていじめに発展することが多いです。

失敗をしない人はいませんが、一度したミスを繰り返さないよう対策していくことが大切になります。

 

いつまでも仕事が遅い

何度もやっている業務なのにいつまでも仕事が遅いままだと、周りは待たされたり負担が増えたりしてストレスを感じるようになります。

慣れない業務なら正確さを優先すべきですが、周囲からはスピードも求められていることを十分に理解する必要があります。

 

よく物を失くす

整理整頓ができておらず物をよく失くすような人は怒られることが多く、その結果いじめに発展するケースがあります。

物の管理ができていない人は自分が困るだけでなく、業務での見落としや情報の伝達忘れなども起こしやすく、周囲に迷惑をかけてしまいがちです。

 

素直にアドバイスを聞かない

仕事ができないうえ他人からのアドバイスも聞こうとしない人は、反感を買っていじめられる可能性が高くなります。

少しくらい仕事ができなくても、素直であれば味方してくれる人も増えるものです。

 

消極的で向上心がない

いじめの対象になりやすい人は、消極的であることが多いです。

失敗しても積極的に取り組む姿勢があれば温かく見守ってもらえる事もありますが、自信がないからと尻込んでいると「向上心のない奴」だと思われてしまいます。

 

他のさまざまなパターンのいじめの原因は、こちらの『職場でいじめられるタイプの新人とは?4つのパターン別に解説』の記事でまとめています。

 

仕事できない人がいじめられる職場に居てはいけない3つの理由

仕事できない人がいじめられやすい理由を解説しましたが、だからといって「いじめられるのは当然」と思ってはいけません。

あなた自身が今いじめを受けているかどうかに関係なく、そのような職場で働きつづけることは大きなリスクが潜んでいます。

その3つの理由について解説します。

 

いじめのせいでもっと仕事ができなくなる

「仕事ができない」という理由でいじめを受けていると、そのせいで業務が妨害されて、ますます仕事ができない悪循環に陥ってしまいます。

物理的に邪魔をされるだけでなく、精神的なストレスやプレッシャーによって集中できず、成長したくても出来なくなります。

最悪の場合、体調を崩して働くことすらできなくなるケースも少なくありません。

また、自身がいじめられていなくても、いじめのある職場では全体の作業効率が落ちる傾向が強いんです。

余計なことに意識や工数を割いているのだから当然ですよね。

「自分は関係ない」と思っていても、確実に悪影響を受けることになります。

 

必ず誰かがターゲットになる

仕事できない人がいじめられる職場では、必ず誰かがターゲットにされるため、いじめが無くなることは期待できません。

あなたが被害を相談したところで「仕事できないから他の人より少し厳しく教育してるだけ」と言われ、改善が見込めない場合がほとんどです。

また、能力の優劣はあくまで相対的なものでしかないため、必然的にその中で最も仕事できない人がターゲットにされてしまいます。

今あなたが被害を受けていなくても、次はあなたの番かもしれないんです。

 

追い詰められる前に逃げるべき

仕事できない人がいじめられる職場で、我慢をし続けるのは危険です。

精神的に追い詰められるかもしれませんし、待遇の悪い部署に飛ばされたり退職へと追い込まれるかもしれません。

いじめを受けていると「自分が仕事できないから悪いんだ」「ダメな奴はいじめられて当然なんだ」と錯覚することがあります。

しかし、どんな理由があろうと、いじめは絶対にしてはいけない卑劣な行為です。

仕事できない人がいたら、丁寧に教えるのが会社の役目です。それを怠るような職場はどれだけ正当化しようと、まともな職場とは言えませんよね。

人間関係が良く、教育環境の整っている職場は他にいくらでもあります。

今の「仕事できない人がいじめられて当然の職場」にしがみつく必要なんて無いですよ。

取り返しがつかなくなる前に、自分の身を守るためにも前向きに働ける環境に移りましょう。

 

いじめを「仕方ない」と受け入れないで!

仕事できない人がいじめられる職場に居てはいけない理由と、働く環境の大切さが分かったと思います。

重要なのは、いじめを「仕方ない」と受け入れない事です。

あなたが自分らしく働ける環境は他にあるはずです。

自分に合った仕事や職場に変わるだけで、いじめられていた頃が嘘のように成長できるケースは数多くあります。

まずは転職サービスを活用して、自分に合う求人を見つけることから始めてみてください。

わずか5分ほどの簡単な登録で、さまざまなサービスを誰でも無料で利用することができます。

おすすめは【リクナビNEXT】と【doda】です。

転職サービス業界における最大手の2社なので、とりあえずこの両方に登録しておけば間違いありません。

自分のペースで求人を探して応募できるのはもちろん、職歴や希望条件を登録しておくだけで企業から直接オファーが届く『スカウト機能』などもあります。

ほかにも自己診断や応募書類の作成ができたりなど、転職活動に役立つサービスがたくさんあるので本当におすすめです。

登録したからといって必ず転職しなければいけないわけでもないため、ぜひ気軽に利用してみてください。

▼▼詳しくはこちら▼▼

 

本格的に転職活動を進めたい人はdodaのエージェントサービスを利用しましょう。

専任のプロが求人紹介だけでなく『キャリアカウンセリング』『面接対策』『企業への推薦』などもすべて無料で行ってくれるため、自分一人での転職活動よりずっと有利に進めることができましたよ!

「自分に合った職場を知りたい!」「専門家のアドバイスを受けたい!」「転職の成功率を上げたい!」という人には超おすすめです。

年齢を重ねるにつれ、自分の希望がかなう会社への転職はどんどん難しくなっていきます。

できれば20代、遅くても30代のうちに、思い立ったら即行動したほうがいいです。

「また今度でいいか」とためらっていたら、このままずっと変わることはありません。

現状を変えたいなら、今できる簡単な一歩から踏み出しましょう!

▼▼自分に合う職場を見つける▼▼