よわログ!

弱気な男の働き方ブログ。

「ついていけない」と思ったら退職すべき?早めの判断が大切です

もう、ついていけない!どうしたらいい?

あなたは仕事で「ついていけない」と感じたことがありますか?

一度そのように感じてしまうと、「転職したほうがいいんじゃないか」「もっと自分に合った職場で働きたい」といった考えが頭をよぎるようになりますよね。

しかし、いざ退職するとなるとさまざまな迷いが生じて、どうしたらいいか分からない人も多いでしょう。

そこで当記事では、どうしても仕事で「ついていけない」と感じる時に考えるべきことや、退職したい場合に役立つ転職方法について解説します。

ぜひ迷いを断ち切り、自分らしく前向きに働くための参考にしていただければと思います。

 

Check!

今の職場に限界を感じている人は、20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】がおすすめ!

退職する予定がなくても無料で利用できるため、「自分に合った職場を知りたい」という気軽さで登録できます。

自分らしく働けそうな場所を教えてもらうことができますよ。

▼▼詳しくはこちら▼▼

 

ついていけない原因は?

まずは、なぜ「ついていけない」と感じるのか、その原因をきちんと理解することが大切です。

人それぞれ原因は異なると思いますので、自分の状況と照らし合わせながら読んでみてくださいね。

 

能力不足で仕事についていけない

ついていけない原因のひとつに、自分の「能力不足」が考えられます。

  • ミスばかり連発してしまう
  • 仕事のスピードが遅い
  • 他の人より物覚えが悪い
  • 仕事の出来や質が劣っている

このように、性格や価値観とは関係なく、能力的な問題で「ついていけない」と感じる場合があります。

同僚に置いていかれたり、先輩や上司から求められるレベルに追いつけないと、自分の能力と仕事内容に差を感じてしまうのです。

新人がベテランと比べて仕事ができないのは当然ですが、自分の成長を実感できなければ自信は持てません。

関連記事:新人が仕事できないのは当たり前?早く慣れるための6つのコツとは

 

嫌いな上司についていけない

仕事をしていくうえで、上司の存在は何より大きいと言えます。

良い上司や尊敬できる上司のもとで働くことができれば、仕事が多少きつかったり悩んだりしても、何とか乗り越えようと思えるものです。

しかし反対に、ダメな上司や嫌いな上司のもとでは、目標や手本とすべき人もわからず仕事への熱意が湧きづらくなります。

また、恐怖や不快感、怒りなどといった余計な感情のせいで仕事そのものが嫌になり、ついていけないですよね。

関連記事:上司が嫌いで仕事辞めるのはダメ?前向きに働くためならOKです

 

ワンマン社長でついていけない

会社が社長のワンマン状態だと、従業員がついていけないのも仕方ありません。

あきらかに違法な労働条件であったりブラックな環境であっても誰も何も言えず、社長の言うことには逆らえない。

そういった職場では、ついていけないで退職する人も多いため、入れ替わりが激しく常に人手不足となりやすいのも特徴です。

ワンマンだけでなく、家族経営でも同様のことが起こりやすくなります。

社長や親族ばかりが甘い汁をすすって、社員は使い捨ての消耗品のように扱われてしまうのです。

関連記事:「社員を使い捨てにするのが当たり前」の会社は3年以内に辞めるべき

 

職場の雰囲気についていけない

仕事で「ついていけない」と感じる原因は、能力や労働条件だけに限らず、『社風が合わない』というものも大きな要素となり得ます。

人はそれぞれ性格や価値観が異なり、当然ながら「合う・合わない」があるものです。

会社員などの雇われている身であれば、ほとんどの人がそれを実感しつつも、周囲に合わせながら働いているでしょう。

しかし、あまりにも自分と職場の雰囲気が合わなければ、それは耐えがたいストレスとなってしまいます。

自分に合った職場で働くことは、前向きに仕事をするためにとても大切なことなんですね。

関連記事:自分らしく働ける職場に出会うための、たった5分の行動とは

 

「ついていけない」と思ったら退職していいのか?

仕事で「ついていけない」と感じた時、多くの人が悩むのは「退職すべきか?」ということでしょう。

(これくらいで辞めるのは甘えかな…)

(自分がついていけないだけで退職なんてできないよね…)

このような考えが頭をよぎり、迷ってしまう人は少なくありません。

しかし結論をはっきり言わせていただくと、どうしても「ついていけない」と思うのなら退職すべきです。

ただし、退職するなら早めに判断することが大事になります。

その理由は3つあります。

 

ついていけないまま続けてもメリットはない

まず、ついていけないにもかかわらず無理して頑張っても、メリットはほぼありません。

どういった理由にせよ「ついていけない」と感じながら無理を続ければ、多大なストレスを負うことは間違いありません。

それによって心身の調子を崩してしまうようなことは、絶対に避けたいですよね。

また、「仕事だから仕方ない」という考えも変えるべきと言えます。

なぜなら『ついていけない職場=自分に合わない職場』で働いていても、仕事での成長は見込めないからです。

これはおそらく、あなた自身が一番感じているのではないでしょうか。

  • もっと自分に合った職場があるんじゃないか…
  • 自分も活躍できる仕事がきっと他にあるはず…
  • まともな会社や環境なら、やる気も出るのに…

こういった気持ちでダラダラ働き続けるのは、自分のためにならないばかりか、周囲にまでも迷惑をかけてしまいかねません。

「社会人に必要な忍耐力や協調性が身につく」と言う人もいるかもしれませんが、それってそもそも自分に合った職場で働けば何の問題もないんですよね。

そのため、ついていけない職場であえて働きつづけるメリットはなく、退職するのが自分のためであると言えます。

 

自分に合った職場を選ぶことは甘えじゃない

ついていけないなら退職して自分に合った職場で働くべきです。

しかし人によっては、それを「甘え」だと否定的に捉えることがあります。

もしあなたがそう思ってしまったり、他人に言われたとしても、そのような心配はしなくていいんですよ。

自分に合った職場を選ぶことは、決して甘えではありません。

あなたには「ついていけないから退職したい」と思い至るまでの相当した理由があるはずです。

その問題を解決し、ポジティブに仕事と向き合うために行動するのですから、むしろ前向きな判断であると言えますよね。

もし否定的な言葉であなたの退職を引き止めようとする人がいたら、それは会社や自分の都合で言っているだけに過ぎません。

  • 人手不足になって業績が落ちたり負担が増える
  • 辞められると上司である自分の評価に響く
  • 退職を認めると自分たちの非を認めることになる

こういった身勝手な理由で、あなたの自由を侵されていいはずがありませんから。

ついていけない職場にダラダラと居続けるのはやめて、あなたに合った職場でイキイキと働いてください。

関連記事:「転職」を「無責任」と言う人の心理と、無責任ではない理由を解説

 

転職するなら早いほうが有利

ついていけないで退職をするなら、早めに決断をすることが重要になります。

その大きな理由として「転職は早いほうが有利」という点にあります。

20代・30代・40代……年を追うごとに、転職のハードルは高くなっていきます。

「アピールできるようなキャリアも積んでいない若さで転職したら、ダメな人間だと思われそう…」と勘違いしてしまう人はとても多いですが、そんな事はありません。

むしろ今は多くの企業が第二新卒者(新卒で入社して3年以内の者)を積極的に採用しているんです。

※詳しくは『新卒が3ヶ月以内に退職したらその後どうなる?失敗しない転職の方法とは』で解説しています。

僕自身、実際に20代で三度の転職を経て、今の職場で自分らしくのびのびと仕事ができています。

もちろん初めて転職する時はさまざまな不安や葛藤があり、たくさん悩みました。

しかし今では本当に転職して良かったと思いますし、後悔もしていません。

当然ながら転職すれば必ず良い職場にめぐり会えるとは限りませんが、少なくとも「ついていけないで悩んでいる現状」から一歩を踏み出すことはできます。

そして若いうちに早く決断できれば、それだけ自分に合った職場に転職できる可能性が高まるのです。

 

ついていけないで悩んだ時に役立つ転職方法とは

ついていけないなら早めに退職を決断し、自分に合った職場へと転職するべきです。

とはいえ、やみくもに勢いで辞めて転職先を決めるのは得策とは言えません。

同じような失敗を繰り返さないためにも、適した転職をする必要があります。

僕が実際に利用して本当に役立ったのは、20代の転職に特化した【マイナビジョブ20's 】 がおすすめです。

退職する予定がなくても誰でも無料で利用できるため、「専門家のアドバイスを聞いてから決断したい!」「自分に合った職場を知りたい!」という気軽さで登録できるんです。

大手のマイナビが求人紹介だけでなく『適性診断』『面接対策』『企業とのやり取り代行』などもすべて無料で行ってくれるため、自分一人での転職活動よりずっと有利に進めることができましたよ!

20代を過ぎると優良な会社への転職は一気に難しくなります。

「また今度でいいか」とためらっていたら、このままずっと変わることはありません。

現状を変えたいなら、今できる簡単な一歩から踏み出しましょう!

▼▼自分に合う職場を見つける▼▼

「退職したいけど怖くて言えない」「もう職場にすら行きたくない」という人は、『仕事を辞めたいのに言えない20代の悩みをたった1日で解決する方法』を参考にしてね。